キム・ヒョンジュ、強烈な眼差しでカリスマがあふれるグラビアを披露


  • Harper's BAZAAR Korea

女優キム・ヒョンジュのグラビアが公開された。

世界のNetflixグローバルトップ10テレビ(非英語)部門で1位となっているNetflixシリーズ『地獄』のヒロイン、キム・ヒョンジュと『Harper's BAZAAR Korea』が出会った。人間の弱さと強さをすべて見せるキャラクター、ミン・ヘジンを演じカリスマ性を発散したキム・ヒョンジュ。グラビアも力強い白黒写真で鋭い眼差しと表情が描かれている。

『地獄』はウェブ漫画の原作とマニアがいるシリーズだ。その後のインタビューで原作者でありシリーズ監督のヨン・サンホとの作業に関する質問に対し「ヨン・サンホ監督はスマートでユーモアセンスがあり考えの領域がとても広かった。俳優たちに限界点を置かず、解釈したそのまま表現しようとした。一緒に作業したが依然として疑問点が残っており疑問符を残しておいた方が良さそうな人だ」と伝えた。

  • Harper's BAZAAR Korea


  • Harper's BAZAAR Korea

ウェブ漫画の原作に登場するミン・ヘジンキャラクターとのシンクロ率については「似た姿よりは作品をすることに大きな意味を置いた。新鮮でおもしろく見え人間の多様性を表現する作品だという気がした。ミン・ヘジンは強いキャラクターだが、登場人物はみな同じく弱い人間だ。世の中で揺れ動き崩れてまた起きる話に注目してほしい」と答えた。

初のクリーチャードラマの経験については「すべての演技を直接経験でできるわけではないが、それでもありそうなものや私に耐えられる演技をしてきた。今回はかなり違った。地獄の使者たちが現われた時、私はどんな表情をすればいいだろうか。ただ驚いた表情だろうか。恐怖かな? 数え切れないほど考えた。

今まで相手俳優の助けをたくさん受けたと思ったし、かなり長い間演技活動をしたが、まだ経験していない作業スタイルが多いということを改めて実感した。知らないことが恥ずかしい時もあったが、今は知らないことがあって面白い。分かっていこうという余裕ができた」と長年の演技経験から得た余裕と謙遜を見せた。

キム・ヒョンジュのグラビアとのインタビューは『Harper's BAZAAR Korea』12月号やウェブサイト、インスタグラムなどで確認できる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-11-26 09:10:28