パク・ウンビン「『恋慕』では最善を尽くしたので後悔はない」


  • THE STAR

女優のパク・ウンビンの強烈なカバーグラビアが公開された。

ファッションマガジン『THE STAR』1月号で公開された今回のグラビアでパク・ウンビンは『キング VS クイーン』をテーマに強烈な存在感を見せた。公開された写真の中のパク・ウンビンはティアラをかぶってカメラを見たりマニッシュなスーツを着てポーズを取るなど王様と女王を行き来しながらこれまで披露したことのないギャップの魅力を披露した。パク・ウンビンの今回のグラビアは生涯初のカバーだ。

グラビア撮影後に続いたインタビューでパク・ウンビンは「自分を選んでくれてありがとう。カバーは初めてだが100号という光栄なタイトルまでとてもいい」と撮影の感想を伝えた。

ドラマ『恋慕』を成功させたパク・ウンビン。作品について「出演を決心した時から二度とない大切な作品になると確信した。たくさんの愛をもらえて嬉しいし感謝している」とし「自分のキャラクター、フィが性別に関係なく一人の人間に映ることを願った。これまで世子と王の役割はできなかったため最善を尽くしており後悔はない。実に多くのことを感じた作品」と説明した。

  • THE STAR


  • THE STAR


  • THE STAR

「ドラマ興行クイーン」に成長したパク・ウンビンに作品を選ぶ基準を尋ねると「自分がやりたいし最善を尽くせる作品をしようと思う。いろいろな人を経験してみたい」とし「いろいろ考えなければならないが、結局私の心がさせることをすることになる」と答えた。

続いてパク・ウンビンに演技とは何かという質問には「昇華の過程。その通路が演技のようだ。人間のパク・ウンビンにはできないことを演技で感じる。そのため演技をする時、より面白く自由を感じる」とし「演技は私の疎通方式だ。もちろんエネルギーを奪われることもあるが演技でエネルギーを補充する過程を繰り返す」と答えた。

また、普段の日常について「ルーティンは家と撮影場、再び家だ。インドア派以外の人生はありえない」とし「外では仕事をするので家での時間が息苦しくなくとても重要で必要だ。特に変わった点はない」と笑いながら伝えた。

最後に「今本当に幸せだ。悲しくなく元気に過ごしている」とし「2022年にはみんな元気で幸せに安全に過ごしてほしい」と新年の願いを伝えた。

パク・ウンビンのカリスマ性が目立つファッショングラビアと率直なインタビューは、『THE STAR』1月号(30日発売)で見ることができる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-12-30 10:49:24