トップ > ビューティー > ビューティー > チョン・ホヨン、「VOGUE US」2月号のカバーを飾る アジア初の単独カバー

チョン・ホヨン、「VOGUE US」2月号のカバーを飾る アジア初の単独カバー


  • チョン・ホヨン、「VOGUE US」2月号のカバーを飾る アジア初の単独カバー
  • VOGUE US

女優のチョン・ホヨンがアジアン初の単独で『VOGUE US』2月号のカバーを飾った。

チョン・ホヨンのデビュー作であるNetflixシリーズ『イカゲーム』(演出・脚本ファン・ドンヒョク)がNetflix史上最高のヒット作となり世界的なシンドロームを巻き起こしている中、チョン・ホヨンがアジア初の単独で『VOGUE US』のカバーを飾り注目を集めている。

特に、これは『VOGUE US』創刊130年の歴史上、単独でカバーを飾った初の韓国人という点でさらに意味深い。LAで撮影された今度の『VOGUE US』のグラビアの中のチョン・ホヨンは余裕を持ってカメラを凝視しながら独歩的な存在感を現わしている。鋭い眼差しと表情、節制されたポーズでもドラマチックなムードを漂わせ目を離すことができないようにする。特にチョン・ホヨンの深いまなざしと全身から発せられるカリスマ性は華麗な衣装と背景にも、何の装置がなくても視線を自分に集中させ「世界的な人気女優」となったチョン・ホヨンのカリスマ性をうかがわせる。

チョン・ホヨンは『VOGUE US』とのインタビューで、『イカゲーム』が終わってから忙しく過ごした日々を率直に打ち明けた。チョン・ホヨンはドラマ『イカゲーム』が公開された当時を回想し「1か月で私の人生はすべて変わった」と口火を切った。続いて『イカゲーム』のシンドローム後「英語を学び、姿勢と声を訓練し、芸術と映画を通じて世界観を広げるなど熱心に働いた」と伝えた。こうしたチョン・ホヨンの言葉に『VOGUE US』側は「チョン・ホヨンを描写する単語が一つあるとすれば、それは一生懸命だ。一生懸命働き、すべての事に心血を注ぐ。爆発したような気がするまで」と急速に上昇している人気にもかかわらず着実に自分の役割を果たしているチョン・ホヨンを説明した。

これに先立ちチョン・ホヨンは『イカゲーム』の米国現地の日程を消化するため米国に出国し、LACMAの「2021 Art+Film Gala」と「CMDAファッションアワード」に参加した。

米国「ゴッサムアワード」では単独授賞者として登場し強烈な存在感をアピールした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2022-01-06 13:24:24