トップ > ビューティー > ビューティー > イ・セヨン、韓服を脱いでクールな都市の女性に変身

イ・セヨン、韓服を脱いでクールな都市の女性に変身


  • イ・セヨン、韓服を脱いでクールな都市の女性に変身
  • @star1


  • イ・セヨン、韓服を脱いでクールな都市の女性に変身
  • @star1


  • イ・セヨン、韓服を脱いでクールな都市の女性に変身
  • @star1


  • イ・セヨン、韓服を脱いでクールな都市の女性に変身
  • @star1

『赤い袖先クットン』の主役、イ・セヨンが『@star1』2月号のグラビア撮影に乗り出した。

2月号のバックカバーを飾ったイ・セヨンは『@star1』の現場でドラマの中の時代劇衣装を脱ぎ捨ててシックな都市の女性に変身しギャップの魅力を披露した。特にイ・セヨンはRadley Londonと一緒に行ったカバンのグラビア撮影で成熟して洗練されたイメージを見せ特別な雰囲気を見せた。

MBC『赤い袖先クットン』で人気を集めたイ・セヨン。作品の中のキャラクターから抜け出したのかと尋ねると「ドラマの話をたくさんしてくださったので、まだエンディングが思い浮かんで涙が出る」と伝えドラマへの愛情を示した。

続いて特別な相手役ジュノとの相性については「ジュノさんと私は幻想的な呼吸を見せるという同じ目標があった、自然に気が楽になり互いへの信頼が厚かった」という言葉で2人のロマンス呼吸を伝えた。

ビハインド映像の中でジュノと自然な姿で「サンドク(イ・サン+ソン・ドクイム)カップル」の茶目っ気をたっぷり見せたイ・セヨンは「待機中にドラマの実際の場面に続くいたずらをしてテンションを上げたこともある、キスシーンを撮る時はジュノさんの唇が頭のてっぺんに当たり「そこにキスしたら気絶する」と冗談を言ったこともある」という言葉で笑いに満ちた現場だったことを伝えた。

特にパートナーの俳優ジュノは「すでに完成型の俳優だった」とし「最初からうまくいくと信じて疑わず打ち解けて仲良くなったのでシナジーが倍になった」と答え2人の友情を感じた。

満5歳でデビューして25年間演技を見せ続けただけに女優のイ・セヨンにスランプはなかったのだろうか。イ・セヨンは「2015年ごろ暗黒の中にいるような瞬間もあったが、前に進もうとした」とし「自分のことは自分でしたくて奨学金ももらおうと努力し化粧品事業にも飛び込んだ。この時、演技に対して深く近付いたと思う」という言葉で、これまでの苦労を伝えくれた。

一方、『赤い袖先クットン』で人気女優となったイ・セヨンのグラビアとのインタビューはスター&スタイルマガジン『@star1』2022年2月号で見ることができる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2022-01-25 10:27:57