トップ > ビューティー > ビューティー > マスカラ、メイクアップソリューション[ソン&パクのビューティコラム⑩/⑫]

マスカラ、メイクアップソリューション[ソン&パクのビューティコラム⑩/⑫]


リップスティックと同じぐらい女性らしさを象徴する化粧品がある。それはまさにマスカラだ。

化粧をする場面の中で、片手に鏡、片手にはブラシを持って唇をそっと広げてマスカラを塗る姿を想像する人が多いはず。それだけ多くの女性達は、マスカラを塗るときに集中し、また集中する。マスカラを塗るのは思ったより容易ではないことであるためだ。
これからメイクアップアーティストのパク・テウンと一緒にマスカラを上手に塗ることができる方法と、今年のマスカラトレンドについて見てみよう。

  • マスカラ、メイクアップソリューション[ソン&パクのビューティコラム⑩/⑫]

▷マスカラの友達「ビューラー」

マスカラを調べるのに先立ち、ビューラーを使用について考慮しなければいけないことがある。くらっとくるように上がったまつ毛の形を作るのに必要なビューラーを使ってこそ、まつ毛が美しく見えるからだ。

「ビューラーの使用を難しいとしている人たちがいるが、実際は本当に容易で役に立つ道具です。何回にも分けて挟めば良いでしょう。大部分が一度に「ぎゅっと」押して使用するが、何回か区域を分けて挟まなければいけませんよ。特に、韓国人のまつ毛は直毛なのでマスカラを塗る前に、必ずビューラーでカールをつくるのが良いです」

しかし、ビューラーも適度に使用するのが良いという。一般的にビューラーでカールを作った後、マスカラを塗る。問題はその次にもう一度ビューラーを使用したりするが、これよりも最初に数回挟むカーリングの段階をしたほうが良いと、パク・テユン代表は助言した。ひとつに固まって広がり、まつ毛自体がマスカラ液がついて固まった状態であると固くて痛いからだ。

  • マスカラ、メイクアップソリューション[ソン&パクのビューティコラム⑩/⑫]

▷今年のまつ毛のトレンドは?

今シーズンのアイラインはカラーが大勢だ。それなら、マスカラのトレンドは果たして何だろうか。

「ブラックがいちばん無難なことではなく、マスカラはブラックを使用してこそまつ毛が最もきれいに見えます。アイライナーはブルー、グリーンなどのカラーを塗れば生動感あるように見えますが、マスカラは違います。もともと黒いまつ毛のため、ブラック、バイオレット、ブルーまでは見逃せます。ところが、イエロー、グリーンのようなカラーを塗ると個性があるように見えても、「化粧が可愛い」の声を聞くのは難しいんです」

▷パク・テユンだけのマスカラを塗る秘訣

「マスカラは根元から塗ってください。上から下に塗って、最後に下から上に塗る。「肉の3番をひっくり返すように入念に3回ずつです」

マスカラを何回も重ねて塗るため、最初に溶液をたくさん付けないことが要だ。欲を出さずに軽くまつ毛をとかしてあげるという考えで塗るのが良い。その次に、最初に塗ったマスカラ液が半乾きした状態で2番目を重ねて塗ってこそ、互いに固まらず、豊かで鮮明にまつ毛を演出することができる。

  • マスカラ、メイクアップソリューション[ソン&パクのビューティコラム⑩/⑫]

▷まつ毛タイプ別マスカラ選び

分量が少ないまつ毛はボリュームマスカラがもってこいだ。アイラインなしで豊かなまつ毛で目元がくっきり見えるからだ。代わりに、このようなマスカラは分厚く塗るほうだ。

「なんとか10本あったまつ毛が2つの層ずつ付いて、かえって分量がもっとなく見えるでしょう。そのため、カーリングよりも繊細にまつ毛のきめをばらすようにする「デフィニション」のマスカラを選択するのも方法です。ブラシはやはり、薄くて固まらないイニスフリーのスキニーマスカラのような製品を選ぶと良いでしょう」

また、パク・テユンは、短いまつ毛タイプが塗るのに良いロングラッシュ効果がある、シュウウエムラ製品を推薦した。分量は多いが長さが短い場合に効果的で、溶液がたくさん付かずに、塗った時に長く演出されるから。

「分量やカーリングより、形自体が下に垂れ下がったまつ毛もマスカラにたくさん気をつかいます。このような場合、カーリングマスカラタイプを選ばなければなりません。下に張られていてマスカラが広がりやすいので、ディオールのマスカラのようにウォータープルーフ機能があるのかチェックするのが良いでしょう」

▷マスカラは消すのも重要

最後に、パク・テユンはマスカラを消す段階まで注意深く気をつかうことを助言した。

「アイリムーバーで目を消す状況が、実際にはちょっと刺激的じゃないですか。成分が刺激的なことではなく、拭き取る動作自体が目の周りのシワを作るようにします。そのため、目に敏感なこれらは、リムーバーの必要なく温かい水にすぐ溶けるマスカラを選んだほうが良いです。普段、活動量が多い人は、汗にもびくともしない超強力ウォータープルーフマスカラを使用し、アイ専用リムーバーで慎重に拭いてください」
  • 毎日経済.MKファッション_キム・ヘソン記者/写真=ジン・ヨンス記者、ナス、メイベリン、ランコム、エスプア、peripera提供 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2013-05-23 17:16:51