だんだん暑くなる気候、男性の肌管理方法は?


男性は、暑さとともに生じる油分気で肌の悩みに陥る。

一般的に男性は、べたつきを嫌い、肌に化粧品をあまり塗らないほうだ。このため、オールインワン製品ひとつで解決しようとしたり、スキンやアフターシェービング製品程度のみ使用する。しかし、暑さに疲れた肌が水分はもちろん、弾力も失い、あちこちにくすみが生じるため、普段より特別なケアが必要だ。

気温が高くなると、最も先に皮脂の分泌量が増えながら、毛穴が弾力を失い、水滴模様に大きくなる。一度緩んだ毛穴は縮みにくいため、だんだん気温が上がる今からもっちりと弾力のある毛穴ケアをするのがよい。

油分は抑えて水分は充電

夏の時期、男性のスキンケア製品は、皮脂を吸着し油分気を減らす製品を選ぶのがよい。過多な皮脂は、毛穴の弾力を阻害するだけでなく、肌トラブルを誘発するからだ。

まれに、肌の油分気を水分と錯覚して、基礎製品をいいかげんに塗る男性も多い。しかし、肌の水分が足りない時、皮脂がさらに活発に分泌される。このため、基礎段階で根気よい保湿で均衡のとれた肌の油分・水分バランスを合わせることが鍵といえる。

BBクリームとミストはどう?

肌トーンに関係なく、くすみのないきれいな肌は、老若男女すべてによい肌の基準として定着した。これにより、男性もきれいな肌演出のため、BBクリームを使用する人が多い。とくに夏の時期、紫外線遮断指数が含まれたBBクリームを選べば、いろいろな製品を重ね付けする必要なく、手軽に製品ひとつでも肌表現を完成することができる。男性がBBクリームを使用する時は、最大限自然な演出に焦点を置き、本人の肌トーンと似た色相を選ぶことが重要だ。

BBクリームできれいな肌を表現したら、次は油分気を抑える番だ。外出前、完璧に整えて家を出ても、いつの間にか油分気で額と鼻がてかるなら、肌美男という声を聞きづらくなるだろう。普段、油とり紙を使用し、不必要な油分気は除去するのがよい。男性の場合、化粧を修正しない場合が多いため、むしろべたつきを抑えてくれるパウダーが含まれたミストを使用し、肌の油分気も抑え、しっとりした感じを維持させるのがよい。
  • MKファッション_キム・ヘソン記者/写真_LANEIGE HOMME提供
  • 入力 2013-05-22 07:25:18