私の肌年齢は何歳?シワを抑えるだけでも10年は若返る

年齢を重ねながら一つ二つと生じるシワと、徐々に低下する肌の弾力 

年齢を重ねるごとに、むしろ若くなるTVの中の芸能人を見て、秘訣が何かと気になる時が多い。自分より年齢が高く見えていた芸能人が、今はなぜか自分より幼く見えないか?しかし、若さを維持することは自分とは関係のないことではない。生活の中で簡単な習慣と肌管理に対する関心だけでも十分に若くなれるからだ。

▶ 20代 微細シワが老化の始まり


20代の肌は、25歳を起点にシワができ始める。これは、肌の弾力を左右するコラーゲンとエラスチンに変化が生じるためだが、適切な管理を通じて以前の肌に戻れる時期だ。活動量も多く皮脂分泌が旺盛なので、何より肌を清潔に整えて十分な水分を供給しながら、肌の弾力を維持することに注力する。

▶ 30代 肌の色が沈着し、シミ・くすみなど肌トラブル


本格的な老化が始まる時期で、肌色が濁り水分不足により角質が生じる。20代後半から見え始めた小ジワが目立ち始める。多忙な仕事と生活のストレスは老化促進の要因になり、飲酒・喫煙は老化の速度を加速させる。30代には老化の始まりを最大限遅らせるため、十分な水分と栄養供給・保湿に集中してバランスを取り、細胞を活性化させる製品を使用し始める。一週間に1~2回程度、血液循環促進のため、マッサージで肌に弾力を与えるようにしよう。

▶ 40代 肌の弾力がなくなりシワが占拠し始める


歳月による肌の老化が目立つのを避けられない年齢。細胞再生が50%近く鈍くなり、真皮組織が弱化し肌の弾力が急激に低下してつやがなくなる。水分と皮脂分泌が減少することにより、乾燥の症状も深刻になり、真皮層は薄くなり角質層が厚くなるのが特徴だ。この時期には目の下と頬・顎などの部位が伸び、手でそっと押しても押した部位がへこみ、うまく回復されないため、製品の使用以外にも全般的な体質と健康に関する特別な管理が必要だ。

▶ 50代 肌がたるみ始め閉経期とホルモンの変化


50代は、個人別のこれまでの肌管理や、健康状態による老化の程の差が大きくあらわれる時期だ。シミやそばかすなど、くすみの分布が広くなり、閉経期によるホルモンの変化で全般的な健康状態はもちろん、肌の弾力と水分が急激に減少する。目・顎・首のラインが垂れて顔の全般的な輪郭が変わり、首と手・足など身体のいたる所で年齢が読み取れる。

油分・水分不足と肌の再生、紫外線への露出、健康管理を全般的にまんべんなく管理しよう。シワを抑えるだけでも10年は若返るという言葉がある。年齢を重ねながら一つ二つと生じるシワと、徐々に低下する肌の弾力は多くの女性が悩む部分だが、放置せずに自ら絶え間なく手入れしてこそ、望む年齢代の見た目に一歩ずつ近づけるということだ。
  • Citylife_報道企画チーム次長イ・ミョンスク/ヘルプ=メジャー皮膚科専門医バン・スギョン
  • 入力 2009-04-06 13:47:46