熱帯夜で眠れない肌のための解決策1.2.3


本格的な熱帯夜シーズンが続いている中、皮膚管理法に気を使わなければならない時だ。

夏場は皮脂の分泌が増加し、厚いメイクは避けるほうが良い。自然で健康な肌のコンディションのために事前に予防し、管理することが重要だ。強烈に照りつける日差しと紫外線を避け、しっとりしたハリのある肌を管理する方法が注目を集める。

▶ 重曹で「きれいな毛穴」作り

夏場は暑さのために皮脂の分泌が盛んになり、毛穴も広がりやすい。過剰に分泌した汗と老廃物が絡み合い、毛穴を防ぎがちだ。広がった毛穴を弾力よく引き締め、老廃物を除去するためには、あらかじめ根気よく管理することが重要だ。台所で多用途に活用されている重曹は、マスクパックとして活用時に毛穴管理にも役立つ。重曹と水を適当に薄めて混ぜた後、顔に塗って1~2分程度優しくマッサージした後、冷水で洗い流せば簡単に毛穴ケアができる。夏には週に3~4回程度の重曹マスクパックをすれば、毛穴や老廃物の管理に役立つ。

▶ 「日焼け」皮膚温度を下げる「クーリング」が必須

直射日光にさらされた皮膚の温度は、通常の温度の31度よりもはるかに高い40度まで上昇することもある。野外活動が多い休暇シーズンには、日光による火傷に値するひどい日焼けで苦労する場合が頻繁に起こる。日中に十分に熱くなった肌は、冷たい水による洗顔と冷したタオルや湿布などの方法を通して、温度を下げて落ち着かせることが重要だ。皮膚鎮静と水分供給にも効果があるアロエやきゅうりパックを使用し、熱気と痛みを沈めると良い。

▶ 熱帯夜で疲れた肌「コラーゲン」充電

昼間は紫外線にさらされ、夜には熱帯夜で安眠できず、スキンケアおよび再生にさらに困難を感じる場合が多い。夏の強烈な紫外線は皮膚の真皮層のコラーゲンと弾力繊維を破壊し、しわを作り、弾力性を失うことはもちろん、皮膚の老化を促進させる可能性がある。この場合、コラーゲンを含有したインナービューティー製品を根気よく摂取して、皮膚の中からみずみずしく弾力を補うのも良い方法だ。
  • シックニュース イ・サンジ記者 / 写真=イ・ミファ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-07-04 15:01:00