露出・刺青の季節、後悔しないためには


露出と刺青の季節がひょいひょいと近づいてきた。最近、嶺南地方の昼の気温が30度近くに上昇し、服装も一層軽くなっている。これとともに各自の個性を表現した多様な形態の「刺青(タトゥー・Tatoo)」が若者の間で旋風的な人気を呼んでいる。実際、通りを歩いてみると、短いスカートや深く開いた袖なしのTシャツの肌の間に、少しあらわになった刺青を発見するのはそれほど難しいことではない。

しかし、既成世代の視線は決してよくない。刺青はこれまで一種の刑罰手段として使用され、しばらく前まで組織暴力員の象徴物に変わりなかったからだ。刺青の種類と施術の現況、問題点などについて調べてみる。

刺青とは、多様なカラーの染料を肌の奥深くに注入し、文字や絵・柄を彫り入れることをいう。自分だけの独特な個性表現だ。最近、韓国でも若い層を中心に速く広がっているが、本来の本拠地は米国と変わりない。実際、多様な形態と模様開発はもちろん、米国人5人のうち1人以上が刺青を彫っていると知らされた。刺青の種類はその形態によっておよそ10種類余りに区分できる。最も歴史が深く、基本ジャンルのトライバルは、対象の単純化を通じ多様な形態の柄を表現している。これに比べ、数字や文字など構成が比較的簡単なレタリングは、各自のストーリーを込めていることが最も大きな特徴だ。

トライバルは基本・・・刺青の種類10種類余り

自分に合う文句や意味を彫り、相手に伝えようとするのに焦点を置いている。60~70年代には青色単一の染料を使用し、「成功」や「忍耐」のような常套的な単語を主に彫り込んだが、最近では文章も長くなりその意味も多様になった。また、カラーの有無によって区分が可能だが、ブラックアンドグレーは明暗を利用する技法で、陰と陽をさらにリアルに表現できる。一方、カラー刺青は言葉そのまま色々な色のインクを使用し、華やかな刺青を彫り込むことができる。模様が小さく多様で主に若い女性層が好む形態だ。これ以外にも鯉や龍・蓮の花など日本の伝統刺青を彫る刺青(別名、ヤクザ刺青)、機械的な感じをあらわすバイオ・メカニック、鮮明な外郭ラインと大がらのカラーリングで象徴されるオールド-ニュー・スクールなどがある。最近では花と妖精・漫画のキャラクターなどを表現したファッション刺青と、米国居住のメキシカンを象徴する刺青なども人気を呼んでいる。

それならば、国内で刺青施術を受けた人はどれくらいで、どこでできるだろうか。まず、正確な数字把握が不可能だ。大部分の施術が不法的になされ、正確な統計を掴めないからだ。そうかといって取締も活発になされずにおり、刺青をする人が大きく増加している。

現行の医療法にも刺青に対する正確な規定がない。ただし、判例を通じて「保健犯罪取り締まりに関する特別措置法」に違反すると見ている。大法院は、「肌の表皮だけに色素を注入し、永久的な刺青をすることが可能ではない」と破棄差し戻しした。まさに、作業者(タトゥイスト)の失敗などで真皮を刺激したり、真皮に色素が注入される可能性があり、刺青用の針により疾病に感染する憂慮もあるという点を指摘した。医師出身のキム・ヨンヒ弁護士は、「判例を根拠に調べてみる時、刺青は正確に医療行為として規定されている。このため、医師以外の人が施術する場合、刑事処罰を受けることがある」と指摘し、「しかし、刺青施術がほとんど非医療人によってなされており、法と現実がかなり乖離現象をみせている」と話した。ただし専門家は、一年におおよそ50万~80万人程度が国内で刺青を彫ったと推察している。刺青施術所もまた、ソウル弘大近所と江南駅周辺を中心に数百か所が盛業中であると知らされた。

皮膚科専門医たちが憂慮する最も大きな問題は、色々な副作用が現れるかもしれないということ。針と色素が真皮層まで食い入り、B型やC型肝炎ウイルスの感染が報告されている。これ以外にも、痒みや赤い斑点があらわれたりもする。実際、刺青を彫ってから炎症などの副作用が発生し、苦戦する場合が多い。まず、感染による傷が生じると傷跡に繋がりやすいものだ。

  • 刺青の季節が近づいてきた。皮膚科医師たちは真皮層にインクが注入される永久刺青よりは、角質層に染色する一時刺青を先にしてみるよう勧める。キム・ジュン作家のデジタル刺青伝「Tattooress」連作のうちのある作品(上)とイ・ヒョリの刺青

非医療人が施術時には刑事処罰対象

弘大入口で活動中のあるタトゥイストは、「感染を予防するため、針など1回用品使用を原則にしている。とくにインクの場合、各製品別に一つ一つラベルを貼って正確に管理しており、有効期限もまた徹底して守っている」と強調した。しかし、何よりさらに深刻なことは、刺青をした後ほとんど後悔するということ。少し前、米国のある調査によると、刺青を消そうとする女性の数が男性よりさらに多く、実際、女性の69%・男性31%が刺青を消したと知らされた。刺青は肌の奥深い真皮層に色素を投入して模様を描くため、これといった措置をとらない限り、ほぼ永久的だ。たとえ施術直後、デザインが気に入らなくても再び彫り入れることができないということ。たった一度の機会だけ与えられる。もちろん、色素に反応するレーザーなどを活用すれば消すことはできるが、高難易度の治療法と時間、多くの費用を投入しなければならない。

クリニック「フー」のシン・イボム院長は、「通常、刺青を彫るには2回程度関連店舗を訪問すればよい。しかし、心が変わりこれを消そうとするには専門病院を10回以上訪問しても難しい。可能であれば真皮層まで食い入る永久的刺青よりは、表皮層の最も外側の角質層にのみ作用する一時的刺青を先にしてみて最終決定するのがよい。一時刺青の場合、2~4週が過ぎれば自然と消えるため」だと語った。

効果が良く安全な「半永久化粧」人気 「手指鍼を使用する時は、まゆ毛の自然さ維持効果」


最近、整形外科でひとしきり人気を集めている半永久化粧は、刺青とは少し異なる。通常、肌の表皮層内に色素を着色させ2~3年に渡ってゆっくりと色が抜け、負担が少ないほうだ。このため、流行に敏感なアイラインなどの施術に適切だ。施術は目的によって大きく2種類に区分できる。まず、メイクアップ形態の「美容刺青」にはアイラインとまつ毛アンダーライン施術、自然眉毛と化粧眉毛施術、唇ラインと唇全体ティントの半永久化粧などが代表的だ。

次は、治療目的に適用される「メディカル刺青」で、脱毛とヘアライン施術・傷跡矯正・白斑症周辺施術などが挙げられる。延世ミダインのキム・ジヒョン院長(写真)は、「美容の半永久化粧は、機械と手指鍼を利用し施術に乗り出す。とくに唇とアイラインの場合、大部分の肌に傷が少ないデジタル機械を使用し、眉毛は自然さを最大限維持するため手指鍼などを利用する」と明らかにし、「ただし、誤った刺青をレーザーで消した場合には、化粧眉毛と自然眉毛を混合する場合、もう少し自然な演出が可能だ」と語った。とくに、血管が多く鋭敏な唇の場合、必ず注射麻酔で止血剤を使用、毛細血管を収縮させた後に安全に施術してこそ、色々な副作用を予防することができる。唇色素の場合、施術後に着色する色合いが唇の色合いによって変わるため、経験の多い医師から施術を受けるのがよいとキム院長は強調する。
  • Citylife_キム・ドンシク
  • 入力 2013-05-15 12:00:00