チャン・グンソク-イ・ハニ-IVYの夏のセルフ頭皮ホームケア「バカンス後遺症」克服TIP


  • < チャン・グンソク(左)、イ・ハニ(中)、IVY(右) >

この夏、これまで以上に高い温度と強い日差し、紫外線のために、頭皮の問題を訴える人が増えてきた。

頭皮は、目に直接見えないため、管理を疎かにしがちだが、夏休みシーズンに野外で活動する場合は、必ずアフターケアに気を使わなければならない。高い湿度と強い紫外線で損傷した頭皮を放置した場合、脱毛の原因となる恐れがあるためだ。実際、野外撮影が多いスターたちの場合、皮膚のケアと同じくらい頭皮のケアに気を使う。

イ・ハニは、『Get It Beauty 2016 サマースペシャル』編を通じて、直接管理してきた頭皮セラムとクーリングミストを公開し、日中に刺激を受けた頭皮を落ち着かせ、栄養を供給するなどのプロ級の頭皮管理法を披露し、注目を集めた。IVYは、ファッションN『Follow me 7』で、バナナと蜂蜜、ヨーグルトで天然バナナパックを作り、疲れた頭皮と毛髪に活力を与えると明らかにした。

代表的童顔俳優のチャン・グンソクは今年初め、マガジンとのインタビューで、「トリートメントを頻繁にして、頭皮管理や角質管理もする。しかし、自宅で主にする方だ」と明らかにしている。

自宅でセルフ頭皮ケアをする時、最も重要なことは、頭皮のタイプを正しく知り、適切な製品を選択することだ。一般的に乾性用、油性肌、敏感性用、脱毛用などと種類が多様であるため、本人のタイプに合った製品を選択することが望ましく、夏季休暇の後は、刺激を受けて破損した状態であるため、刺激の少ない頭皮にやさしい製品が良い。

▶ アフターバカンスのセルフ頭皮ケアHOW TO

頭皮ケアの第一歩は、まさにクレンジングだ。汗や汚れ、皮脂などで詰まった頭皮の毛根を開いてあげることが重要だが、頭皮スケーリング製品がなくても、毛穴にたまった汚染物質をきれいに取り除ける。まず、シャンプーの泡を十分に立てた後、頭皮にまんべんなく擦りこみ、2~3分程度放置した後、一度ゆすぎ流す。その後もう一度2次シャンプーをすると、シャンプーだけでも頭皮スケーリングしたようにきれいに管理ができる。

クレンジング後には、刺激を受けた頭皮を落ち着かせ、水分と栄養を十分に供給しなければならない。頭皮に集中的に栄養を供給する頭皮マスク製品を、パックをするように頭皮にまんべんなく塗った後、3~5分程度放置し、きれいに洗い流す。パックをする時にビニールキャップを被ったり、指でマッサージをすれば、その効果をより一層高められる。

最後に、頭皮セラムまたは頭皮ミストをまんべんなくなじませ、水分保護膜を形成させ、外部の刺激から頭皮を保護する効果を与える。別途洗い流す必要がなく、携帯しながら時々塗れば、普段日常で簡単に頭皮管理ができる。

シャンプーを朝にする人が多いが、シャンプーは朝より夜にするのが良い。日中たまった汚染物質をそのまま放置して寝ると、細菌などの菌が繁殖し、頭皮の健康を害する。したがって、必ず夜にシャンプーして、シャンプー後はドライヤーで頭皮を完全に乾かし、水分のない状態を維持するのが良い。
  • シックニュース チョン・イルビューティーコラム / 写真=シックニュースDB | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-08-16 08:39:00