秋のスキンケア…クレンジング習慣から変えよう


秋のクレンジングノウハウは違う。

天候が涼しくなる時、急な気温差で皮膚は容易に刺激を受けるはずだ。こんな時、過度なクレンジングは残っている水分を奪い、肌をより鋭敏にする。このため、クレンジング習慣が何よりも重要だ。

乾燥した季節の変わり目には、角質ケアこそスキンケアの核心だ。季節の変わり目には、皮膚の最も外側の部分である角質層の油水分バランスが壊れながら、小さな刺激にも容易に反応するため、粒子が粗いスクラブ剤で角質を除去すると、皮膚に刺激を与える可能性がある。刺激がない製品で軽く除去して水分を供給し、寝かせるほうがよい。

角質除去効果のあるクレンジングデバイスを使用すると、皮膚に刺激を与えることなく、効果的に古い角質を除去できる。リムーバーを用いて色調メイクを落とした後、滑らかな製剤のフォームクレンザーで1次洗顔をする。その後、網やスポンジを使ってフォームクレンザーの泡を十分に出し、顔全体に塗布した後、Vライン、Tゾーン、両頬の順にタッチする。
  • シックニュース イ・サンジ記者 / 写真=イ・ミファ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-10-24 07:44:00