パク・ジョンア、整形疑惑否定「妊娠後に16キロ増量、誹謗中傷に苦しんだ」


グループJewelry出身の女優パク・ジョンアが整形の噂を否定した。

去る11日に韓国で放送されたMBCのトーク番組『ラジオスター』にはミュージカル『黎明の瞳』の主役オン・ジュワン、パク・ジョンア、オ・チャンソク、マイケル・リーがゲストとして出演した。

この日、パク・ジョンアは妊娠前後の写真により整形が噂されたことと言及して、事実ではないと説明した。

パク・ジョンアは「妊娠7カ月の時と産後の写真をSNSに公開したことがある」とし「普段、私の記事が報道されると5~6個のコメントが書き込まれるが、その写真には1000個を超える悪口が書き込まれた」と当時の反応を説明した。

パク・ジョンアは「結婚後、印象が変わったこともあるが、妊娠後に16キロが増加して顔もふっくりした。そして出産の後遺症まで生じて少し変わった」とし「突然、整形疑惑が浮上したが、整形ではないので誤解しないでほしい」と強調した。

続いてパク・ジョンアは「妊娠をすると薬にも気をつけないといけないし、たくさん神経を使うが(整形疑惑により)この時代の非常識な母親像を作ったような感じだ」と悔しかった当時の心境を打ち明けた。

一方、パク・ジョンアは2001年にグループJewelryとしてデビュー、数多くのヒット曲で愛された。2009年、Jewelryを脱退して俳優に転向、数々のドラマに出演して活発に活動してきた。2016年、プロゴルファーのチョン・サンウと結婚、今年3月に娘を出産したパク・ジョンアはミュージカル『黎明の瞳』に出演する。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ジェウン インターン記者 / 写真=MBC放送画面キャプチャ
  • 入力 2019-12-12 09:36:12