キム・ウビン、男性ファッションマガジンの表紙に「特異なマスクが魅力」


俳優キム・ウビンが男性ライフスタイルファッションマガジンの表紙モデルとなり、特有のカリスマを誇った。

キム・ウビンは『Esquire KOREA』の7月号でモデル出身らしい完璧なポーズと表情で撮影現場の雰囲気を圧倒したという。

キム・ウビンはインタビューで「良い作品を作るために監督と会話もたくさんして、現場で俳優たちと話もたくさん交わしながら過ごす」とし「最近は撮影現場に行くのが楽しい」と打ち明けた。


出演したすべての映画が損益分岐点を超える「打率10割俳優」になった秘訣については「運が良かった。観客動員数というのは映画の良し悪しを超えて知ることができない。運が本当に良くて、損をした方がいなかった」と伝えた。

俳優として自分だけの魅力については「(俳優の中には)きれいでハンサムな方が多いが、私は少し外見が特異なようだ。だから「学校の番長」役を5回や6回も演じたのかもしれない」と分析した。

上咽頭がんの闘病により活動を中断したキム・ウビンは健康を回復し、現在はチェ・ドンフン監督の次期作『エイリアン』を撮影中だ。

  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者 / 写真=Esquire
  • 入力 2020-06-19 09:50:25