歌手ユビン、「ヘリムのように結婚しないのならば彼氏を公開するか悩む」


歌手ユビンのファッショングラビアが公開された。

『THE STAR』マガジン7月号で公開された今回のグラビアで、ユビンは「SUPER WOMAN」をテーマにガールクラッシュなオフィスウーマンに変身した。公開された写真の中のユビンは、スタイリッシュなソファやチェア、本などを活用してダイナミックなポーズを披露し、自分だけの魅力を存分に表現した。撮影現場でユビンは有名な「グラビア職人」らしく、撮影を始めてすぐにAカットを作り出し、スタッフたちを感嘆させた。

写真撮影の後に続いたインタビューでユビンは「これまでたくさんグラビア撮影をしたが、また違った感じだった。ソファでいろいろなポーズもしながらカラフルなメイクをして楽しかった」と感想を伝えた。

最近シングル『Me Time』の活動を無事に終えた感想を聞くと「私だけの自由なバイブを披露したかったけど、幸いにも喜んでくださったようだ」とし、「まだソロとしてフルアルバムは発売したことがないので、いろんな魅力を詰めてしっかり準備して見せたい」と答えた。

rrrエンターテイメントの代表になったユビン。 「今まで年齢に比べてたくさんのことを経験したため、会社を作る勇気があったと思う」とし「会社で働く社員も皆がアーティストだと思う。さまざまな人々と作品を作りたいし、お互いに肯定的なエネルギーを与えられる会社であってほしい」と自身のビジョンを語った。

女優としても活動するユビンに、今後やってみたいキャラクターを尋ねると「ヒーローになってみたい。アントマンのように少し変でもいいからヒーローになりたい」とし、「最近はサブキャラが流行っていて、私もこうした類のサブキャラを作ってみようか迷っている」と笑いながら答えた。

相変らず親しく過ごすWonder Girls。一人で活動しながらメンバーが恋しくなる瞬間を聞くと「ふとメンバーが恋しくなる。 特に、メニューを決める時やコーヒーショップを選ぶ時、私はあまり決定できないので、メンバーを思い出す」とし、「多くの人が「Wonder Girlsはこの時、大変だっただろう」と感じる瞬間にも、私はすべてが楽しかった。何でも楽しんでこそ幸せだ」と本音をのぞかせた。

また、現在恋をしているのかと尋ねると「最近は皆クールに公開恋愛をしているが、私にも見せたいほどよく合う人ができれば、公開恋愛も悪くないと思う」とし「それでも別れれば記録が残るので、へリムのように結婚しないのなら、悩む」と打ち明けた。

最後にユビンは「Wonder Girlsの時はアイドルでありながらラッパーのイメージを見せ、ソロの時はシティポップからロウポップまで披露したが、これからは大衆がどんな姿を私に見たがっているのかよく分からない」とし、「皆望むものが違うだろうが、私があれこれやってみるから、好みに合うユビンの姿を好んでほしい」と自分の願いを話した。

歌手ユビンの威厳のあるファッショングラビアと率直なインタビューは『THE STAR』7月号(6月25日発売)で見ることができる。

一方、『THE STAR』7月号では2年ぶりにカムバックする俳優イ・ジュンギのロマンチックなカバーグラビアとIZ*ONEのウンビ、宮脇咲良 、チェウォンのビジュアルが引き立つファッショングラビア、ナム・ドヒョンの生涯初の単独グラビア、GOT7ジニョンの写真とインタビュー、俳優シン・ヘソンの写真とインタビューなど、多様なスターとスタイルに関する情報を確認できる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-06-26 08:30:58