パク・ボゴムの母親役を演じたハ・ヒラ「大切な瞬間に感謝」


女優のハ・ヒラが百万ドルの笑顔を見せた。

ハ・ヒラは18日、自分のインスタグラムに「天気のいいある日、空気の良いある場所で愛する人たちと」とコメントを残した。ハ・ヒラは続いて「あの時、何の話に笑ったのか何を見ながら笑ったのか覚えてないけど、感謝で大切な瞬間だ」と付け加えた。

コメントの最後には「#感謝#恩恵#愛#先に笑えば幸せが生まれるそうです#木は自分のために陰を作らない」などのハッシュタグをつけて印象深く読んだ本の一節をシェアしたりもした。

一緒に公開された写真の中のハ・ヒラはベージュのトレンチコートと薄いピンクのスカーフで、おしゃれをして明るく微笑んだ。

ネットユーザーは「笑顔から幸せが伝わります」、「ついつい笑顔になりますね」、「相変わらず清楚です」などの反応を示した。

一方、ハ・ヒラは先月、放送が終了したtvNドラマ『青春の記録』でサ・ヘジュン(パク・ボゴム)の母親ハン・エスク役を演じ熱演した。ハ・ヒラは1993年に俳優のチェ・スジョンと結婚し1男1女をもうけている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・イェジ インターン記者
  • 入力 2020-11-18 13:10:12