コ・アラ、ビハインドカットも完璧「ラブリーの結晶体」


女優コ・アラの『marreclaire』の撮影現場のビハインドカットが公開され「ラブリーの結晶」として注目を集めている。

4日午前、ARTST COMPANYの公式インスタグラムには、コ・アラのグラビア撮影ビハインドカットが掲載された。写真の中のコ・アラはカラフルなルックと多様な小物でそれぞれの雰囲気を生かして視線を圧倒したり、奥ゆかしい眼差しと魅惑的なほほ笑みで神秘的な魅力まで発散している。

特にこの日、現場でコ・アラは各コンセプトに合う雰囲気を素早く演出することはもちろん、特に一緒に撮影したオウムともすぐに親しくなってカットごとに一味違う雰囲気で撮影現場を導いてスタッフ全員が楽しく撮影したという。

コ・アラのビハインドカットを見たネットユーザーは「コ・アラにはまる」、「ラブリーの擬人化」、「カラフル・ビューティフル・ワンダフル」、「コ・アラ自体がグラビア人生!宇宙を征服してください」、「この程度ならラブリーの定石」などの反応を見せた。

コ・アラは最近放送が終了した『ドドソソララソ』でク・ララ役に扮して安定的な演技力と愛らしい魅力と彼女の存在感が加わり、初のロマンチックコメディドラマへのデビューを果たした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真=ARTST COMPANY
  • 入力 2020-12-04 15:33:50