イム・シワン&シン・セギョン、「それでも僕らは走り続ける」カップルグラビアが公開


イム・シワンとシン・セギョンのグラビアが公開された

ファッションマガジン『W KOREA』と共にした今回のグラビアには今日(24日)のクリスマスイブに届いたプレゼントのようなロマンチックな雰囲気がたっぷりと盛り込まれている。

これに加えて『それでも僕らは走り続ける』で繰り広げられる「ギョムミカップル」キ・ソンギョム(イム・シワン)とオ・ミジュ(シン・セギョン)の事情、そしてお互いに対する思いなどに対する率直なインタビューも掲載された。

『それでも僕らは走り続ける』は同じ韓国語を使いながらもコミュニケーションが難しい時代、陸上選手のキ・ソンギョム(イム・シワン)と映画翻訳家のオ・ミジュ(シン・セギョン)がそれぞれ異なる世界に足を踏み入れて交流し合いながら少しずつお互いに浸透していく過程を描いている。

イム・シワンは「急速に流れる時代を生きているため、人々が使う語彙だけでも呼吸が短いと感じるが『それでも僕らは走り続ける』は台詞を交わす呼吸もとても速い」と切り出し「無味乾燥に台詞を交わすようだが、その間、誰かが自分の言語に耳を傾け、その言語を意味のあるものにしてくれる」というロマンスの核心を指摘した。続いて「その地点で慰めを分かち合う作品だ」とし「ギョムミカップル」がこれから互いに感じるヒーリングの時間を予告した。

シン・セギョンも「日常から感じる繊細で小さくて大切な感情、一人だけ心に留めていた慣れた世界に他人を入れて疎通が起き、それを通じて淡々とした慰めを伝える」という作品の美徳を挙げた。

また「特に良かった点は亀裂が見られなかった人物が誰かに愛情を持ち始め亀裂が生じ、傷が見つかるということだった。人が人を好きになるとちょっとしたことでも弱虫になるじゃないか?」とその部分に同質感を感じたりもしたと。今後、ギョムミカップルが自ら知らなかった傷と欠点を発見し、そういう亀裂を乗り越えて愛に向かって完走できるのか気になるところだ。

男神と女神の出会いだけでも話題を集めたイム・シワンとシン・セギョンカップルは、公開されるビハインド映像とインタビューで、互いに対する思いやりのあるパートナーシップを加減なく表現し和やかなコンビネーションを披露している。

今回のグラビアインタビューでも、お互いについて「(シン・セギョンは)普段、何をしてもしっかりしている。そういう部分が本当に魅力的で演技にもよくにじみ出ている」、「(イム・シワンは)相手のコンディションの変化をすぐに感じ取る。本当に繊細だ」と話した。

さらに、劇中のキャラクターが本当の恋人だったらどうかという興味深い質問にも率直な答えを示した。イム・シワンは「オ・ミジュのような人なら、すごくいいと思う。信念がはっきりして何でも本当にしっかりする聡明さ」、シン・セギョンは「もどかしいところもあるが、誰かに心が向けられたときは、少しの疑いもなく愛を注ぐ男だ。キ・ソンギョムみたいな男ならありがたい」と伝えた。

このような最上のコンビネーションで『それでも僕らは走り続ける』をリードし、今年の冬、温かさをお茶の間劇場に伝えているイム・シワンとシン・セギョンのグラビアとインタビューはファッションマガジン『W KOREA』1月号で見ることができる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ 記者 / 写真=W KOREA
  • 入力 2020-12-24 13:27:47