オム・ジウォン「『産後養成院』女性の視線で表現されたので特別だった」


今年11月に終了したドラマ『産後養生院』で40代に高齢出産を経験したワーキングママのオ・ヒョンジン役をダイナミックに演じた女優オム・ジウォンのグラビアが公開された。

『産後養生院』がハイパーリアリズムを目指して現実的な話で多くの視聴者から共感を得たことに対し、オム・ジウォンは「この作品が特別な理由は女性の視線で女性の結婚、妊娠、出産、育児などがそのまま書かれたドラマだからだ。多くの方々がそれに共感してくださったため、意味が大きい。またドラマの中に登場する多くの「チョドン」(産後養生院の同期)女優たちが愛されて次の作品に続ければと思ったが、それが実現したようで嬉しい」と明かした。

単純に母性愛や母親たちの物語にドラマが限らず、一人の成長物語として描かれることを望んだというオム・ジウォンは「映画『ソウォン/願い』『Missing:消えた子ども』でも母親の役割を果たしたが、特別な母性愛を考慮するよりは、韓国社会で働く女性としての私の感覚を解き明かしたかった。女優として大衆と話ができる自分の器がどの程度なのか挑戦したかった」と伝えた。

現在、オム・ジウォンは、個人YouTubeチャンネルを運営している。「1年を少し超えたけど、私自体がコンテンツになることじゃないですか。誰かに誘われてから仕事をするわけではなく自分で主体的にコンテンツを作ることができるので、もっと面白いですよ」

親しい女優たちとドラマ『ディア・マイ・フレンズ』のような作品がしたいと言ってきたオム・ジウォンは「先生たちがお互いに「お兄さん」、「お姉さん」と呼び合うのを見ると違和感を感じますが、歳月が経ち先生たちが年配になれば、私たちも後輩たちにそのように見えるでしょう。一緒に演技しながら昔の話をすればとても面白そうだ」とし「キム・ヘスク先生、ソン・スク先生、ユ・ドングン先生、チョン・ウルヨン監督など新人の頃から良い先生にたくさん会ってきた。自分も彼らのようになりたい」と明らかにした。

一方、オム・ジウォンが出演する映画『謗法』(仮題)が公開を控えている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 / 写真=COSMOPOLITAN
  • 入力 2020-12-28 15:47:01