IZ*ONEウォニョン「最年少という装飾語に満足、一生末っ子がいい」


IZ*ONEのメンバー、キム・ミンジュとチャン・ウォニョンがファッションマガジン『ELLE』2月号のダブルカバーの主人公になった。

計3つのバージョンで制作されたIZ*ONEのミンジュとウォニョンのカバーは、ヤングファッションのアイコンである2人の少女の可愛らしくて感性的な姿を描くことに集中した。時間が止まったかのようにレトロな雰囲気のカフェを背景に行われたカバーの撮影現場でミンジュとウォニョンは茶目っ気あふれる表情からだるいクールな雰囲気まで完璧に消化し、2人のコンビネーションと様々な物語が盛り込まれた場面を絶えず披露した。

続くインタビューでミンジュは「今年で21歳になったがIZ*ONEとしてデビューして以来、この2年間で知らず知らずにかなり強くなった。

高尺(コチョク)スカイドームのような大きなステージでの公演やMBC『ショー!音楽中心』の司会者を務めるような活動をしながら、立ち向かった挑戦の瞬間ごとに「少なくとも自分には負けられない」という気持ちで一つずつやり遂げ、ゲームのクエストを達成する時のような達成感と安堵感を感じた。今後も粘り強さと情熱を失わないようにしたい」と力強い感想を伝えた。

IZ*ONEの末っ子メンバーであり、今回のカバーで歴代『ELLE』の中で最年少カバースターになった。ウォニョンは「生まれつきの性格のおかげか、これまで最年少という修飾語に負担を感じたことはない。むしろ満足した気持ちの方が大きい。自分の若い頃、10代の姿を記録として残せるということも非常に意味があり感謝することだ」と感想した。

また「一生末っ子でいたいくらいだ。愛されている感じもいいし、メンバーのお姉さんたちは私を理解してくれて寛大に許してくれる面がある。

もちろん、私も末っ子として従わなければならない瞬間がある。お互い譲歩して合わせていくのが当然であり続けてそうしてきた」とIZ*ONEのメンバーとのコンビネーションについて率直な気持ちを伝えた。

『ELLE』の2月号は、グループIZ*ONEのメンバーキム・ミンジュとチャン・ウォニョンのカバー3種とソン・ガンのカバー3種の計6種で発刊される。ダブルカバースターのIZ*ONEミンジュとウォニョンのグラビアとインタビュー、映像コンテンツは『ELLE』の2月号とウェブサイトとYouTubeで見ることができる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 / 写真=ELLE
  • 入力 2021-01-14 14:03:37