少女時代スヨン「20代の時よりも責任感が生まれた」


  • 写真:NUYOU


  • 写真:NUYOU


  • 写真:NUYOU


  • 写真:NUYOU


  • 写真:NUYOU


  • 写真:NUYOU

女優のチェ・スヨンがシンガポールマガジンのカバーを飾り「グローバル・ファッショニスタ」としての面貌を改めて証明した。

女優のチェ・スヨンがシンガポールマガジン『NUYOU』3月号のカバーを飾り国内だけでなくアジアでも注目される「ワナビー・ファッショニスタ」としての面貌を明らかにした。

公開されたカバーの中のチェ・スヨンはシックでありながらも堂々としたポーズと一層深まった眼差しで注目を集めた。

都会的で洗練された衣装を完璧に着こなしてスタイリッシュな魅力を発散したチェ・スヨンは最近放送が終了したJTBC水木ドラマ『それでも僕らは走り続ける』のヤング&リッチCEOキャラクター、ソ・ダナ役で多くの視聴者から愛された。チェ・スヨンは20代~30代の女性たちのワナビーらしい姿を描き出し見る人を虜にした。

またグラビア撮影と共に行われたインタビューでチェ・スヨンは「20代の時よりはもう少し責任感があるが、相変わらず学ぶことが多く成長する青春」と自分を評価し今後の活動計画について「今は余裕を楽しんでいる」とし「いろんな活動を念頭に置いてやりたいことをしながら過ごしたい」と伝えた。

一方、チェ・スヨンが出演する映画『新年前夜』は現在、映画館で絶賛上映中だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-03-08 16:18:38