SK、創立68周年迎える…チェ会長「新しい起業家精神で」



崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長(写真)は8日、創立記念日を迎えて起業家精神を強調し、社会の発展に貢献するという意志を固めた。

チェ・テウォン会長はこの日、グループ創立68周年を迎え、崔鍾建(チェ・ヂョンゴン)創業会長と崔鍾賢(チェ・ヂョンヒョン)先代会長を称えるオンライン追悼式を開催し、このように明らかにした。

去る4月8日はグループの母体である鮮京(ソンギョン)織物が発足した日だ。チェ・テウォン会長はこの日の追悼辞で「チェ・ジョンゴン創業会長とチェ・ジョンヒョン先代会長は社会の発展のためにいつも深く考えて強調していた事業報国と絶え間ない挑戦と革新、人材育成の意志が、いまや大切な意味として感じられる」とし、「二人の歩んできた道を振り返り、新たな起業家精神を掘り出そう」と強調した。

この日の行事にはチェ・テウォン会長が大韓商工会議所会長就任後に開催された最初の創立記念日行事で、同氏は起業家精神と社会貢献などのメッセージを強調した。

この日の行事にはチェ・テウォン会長、チェ・ジェウォンSK上級副社長、チェ・チャンウォンSKディスカバリー副会長などの家族をはじめ、スペックス追求協議会のチョ・デシク議長など30人あまりが参加した。
  • 毎日経済 | イ・ユンジェ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-04-08 19:13:18