韓ハンコック社、米テスラに車両用バッテリー供給


ハンコック・アンド・カンパニー(Hankook & Company)グループ(旧ハンコックタイヤグループ)はタイヤに続いて車両用バッテリーまでをテスラに供給して、電気自動車市場の攻略に拍車をかけている。

27日の業界によると、ハンコックタイヤ・アンド・テクノロジーの持株会社であるハンコック・アンド・カンパニーは、米テスラと車両用バッテリーの納品契約を締結して補助バッテリーを供給している。テスラ「モデル3」の新車にATLASBX(アトラスビーエックス)車両用バッテリーを供給するだけでなく、交換用バッテリーも納品している。

テスラのモデル3に搭載されたハンコック製品は、電気自動車のメインバッテリーのパフォーマンスの最適化と、周辺機器の電力の維持および始動などを担当する鉛蓄電池の補助バッテリーだ。
  • 毎日経済 | パク・ユング記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-04-27 17:14:05