LGエネルギーソリューション、豪QPM社に投資


LGエネルギーソリューションはバッテリー原材料の競争力を確保するために、豪州の製錬専門企業の株式を買収した。

LGエネルギーソリューションは8日、ニッケルとコバルトなどを生産する豪「QPM(Queensland Pacific Metals)」の有償増資に参加し、約120億ウォンを投資した後に株式7.5%を取得する契約を締結したと発表した。 LGエネルギーソリューションはQPM株の買収と長期契約を通じて、2023年末から10年のあいだ毎年7000トンのニッケルと700トンのコバルトを安定して供給を受けることができるようになった。 LGエネルギーソリューションの関係者は「電気自動車用バッテリー市場の成長による、バッテリーの核心原材料の需給問題に先制的に対応できる」と語った。

電気自動車用バッテリーの4大核心素材の一つである陽極材は、バッテリーの材料費に占める割合は40%に達する。特にニッケルは陽極材の主要原材料で、電気自動車の走行距離を伸ばすために重要な役割を果たしており、大容量のリチウムイオン電池の場合には陽極材内のニッケルの割合が80%以上に達している。

LGエネルギーソリューションは今年の下半期、第3世代の次世代電気自動車用ハイニッケルNCMA電池の生産を本格的に開始し、その比重を増やす計画だ。

QPMは2007年に設立された製錬専門企業で、100%の株式を出資した子会社の「TECHプロジェクト」を運営している。 TECHプロジェクトは電気自動車用バッテリーの硫酸ニッケルと硫酸コバルトの生産工場を、2023年下半期の稼動を目指して豪クイーンズランド州に建設中だ。
  • 毎日経済 | ウォン・ホソプ記者
  • 入力 2021-06-08 16:58:12