サムスン電子、高性能uMCPの新製品を出荷…LPDDR5とUFS 3.1を支援



サムスン電子は15日、高性能モバイルDRAMとNAND型フラッシュメモリを組み合わせた「メモリマルチチップパッケージ(uMCP)」の新製品を出荷したと明らかにした。この製品は高級スマートフォンはもちろん、サムスン電子の中級スマートフォンでは代表的なギャラクシーAシリーズなどの中低価格の第5世代(5G)移動通信スマートフォンに多数搭載されるものと期待される。

サムスン電子が今回出荷したuMCPは、現存の最新DRAM規格であるLPDDR5モバイルDRAMが装着される。 NAND型も最新規格であるUFS 3.1インターフェースを支援する。サムスン電子は、モバイルDRAMは6GB(ギガバイト)から12ギガバイトまで、NAND型は128ギガバイトから512ギガバイトまで多様にuMCP製品を構成する計画だ。

サムスン電子は「今回出荷したuMCPはモバイルDRAMとNAND型メモリをひとつのチップに統合し、モバイル機器に最適化した製品」だとし、「サムスン電子はいくつかの容量の製品を提供して、グローバルなスマートフォンメーカーが高級型携帯から普及型まで幅広くサムスン製uMCPを使用できるするつもり」だと説明した。

今回の製品に搭載されたLPDDR5モバイルDRAMは、以前の規格であるLPDDR4との比較で1.5倍高速の毎秒25ギガバイトの読み込み・書き込み速度を備えている。 UFS 3.1規格のNAND型メモリもまた読み込み・書き込み速度は3ギガバイトで、以前のUFS 2.2に比べて2倍ほど速い。また新型uMCPは横11.5㎜と縦13㎜のサイズで、以前の製品よりも小さい。それだけにスマートフォンの空間活用性とデザインの利便性が大きくなる。

半導体業界によると、今回のuMCPはサムスン電子製ギャラクシーAの新モデルと、中国の中・低価格スマートフォンブランドの多数に供給されるものと思われる。中低価格のスマートフォンユーザーも、5G基盤の高解像度コンテンツを楽しむことができるということだ。

サムスン電子メモリー事業部商品企画チームのソン・ヨンス常務は、「今回の製品は高解像度の映像のシームレスなストリーミングとハイスペックのゲームはもちろん、最近急浮上しているメタバースまで、5Gスマートフォンユーザーに最高のユーザー体験を提供するメモリ・ソリューションになるだろう」とし、「グローバルスマートフォンメーカーとの協力を強化して、急成長する5Gスマートフォン市場を積極的に攻略する計画」だと語った。
  • 毎日経済 | イ・ジョンヒョク記者
  • 入力 2021-06-15 19:10:18