サムスン電子、国家的未来技術の支援に乗り出す

サムスン未来技術育成事業 

  • 未来技術育成事業の概要


サムスン電子は国家的に研究が必要な未来科学技術分野を発展させるために、アドバンスト人工知能(AI)と次世代暗号システムなどの6つの分野の支援に乗り出す。

サムスン電子は15日、2021年「サムスン未来技術育成事業」の指定テーマである12の研究支援課題研究費として計152億1000万ウォンを支援すると発表した。サムスン未来技術育成事業は、わが国の将来を担う科学技術の育成と支援を目的とし、サムスン電子が2013年から1兆5000億ウォンを出捐して実施している研究支援公益事業だ。

毎年の上・下半期ごとに基礎科学と素材や情報通信技術の分野で支援課題を選定する。さらに2014年からは毎年一回「指定テーマ課題公募」を通じて、国家的に必要な将来の技術分野を指定して研究を支援している。

今年指定されたテーマの研究支援課題は「アドバンストAI」「次世代パスワードシステム」「B(Beyond)5G及び6G」「ロボット」「次世代ディスプレイ」「半導体素子と工程」など計6つの分野で12件を選定した。

アドバンストAIと次世代暗号システムは、今回新たに選定された分野だ。アドバンストAIは高次元の論理推論までを可能にするAIで、この分野では延世大学電気電子工学のファン・ドシク教授の「循環推論型人工知能-自己質疑応答ベースの自動医療診断技術」など、計2件の課題が選ばれた。次世代暗号システムの分野ではソウル大学コンピューター工学部ソン・ヨンス教授の「多国間近似計算パスワード源泉技術開発」課題が選ばれた。クラウドに保管されたデータの機密性を維持しながら、データを分析することができる技術だ。
  • 毎日経済 | パク・チェヨン記者
  • 入力 2021-07-15 18:32:56