現代製鉄、極低温ニッケル鋼の国産化に成功…本格供給に乗り出す


現代製鉄(HYUNDAI STEEL)は15日、極低温にも耐えることができる「9%ニッケル(Ni)鋼」の厚板製品の量産体制を構築し、本格的に供給に乗り出すと明らかにした。昨年12月に今回の厚板製品の開発を完了したことに続き、商業的量産に突入したわけだ。

9%ニッケル鋼は氷点下196度に達する極低温環境下でも衝撃に対する耐性が優れており、溶接性能も優れている。このような特性にもとづいて、施設内を氷点下165度以下に維持しなければならない液化天然ガス(LNG)貯蔵施設の鋼材として広く使用される。最近は国内造船各社が相次いで親環境LNG推進船に力を入れている状況に合わせ、現代製鉄はこのような厚板製品の量産を開始した。

現代製鉄は去る2月、現代重工業が建造中のLNG推進超大型コンテナ船の燃料タンク用鋼材の受注契約を締結し、先月から製品を供給している。供給量は超大型コンテナ船2隻分の2100トン規模だ。これまで全量を輸入に依存してき9%ニッケル鋼の国産化に成功したという点で意義が大きい。

現代製鉄はLNG推進船の燃料タンクはもちろん、LNGプラントやターミナルなどに使われる陸上用貯蔵タンク市場の攻略にも積極的に乗り出す計画だ。
  • 毎日経済 | ハン・ウラム記者
  • 入力 2021-07-15 17:33:24