サムスン電子、次世代フォルダブルフォンを来月11日に公開



サムスン電子は来る8月11日の「ギャラクシーアンパックイベント」を通じて、次世代のフォルダブルフォン「ギャラクシーZフォールド3」と「ギャラクシーZフリップ3」を公開し、第3四半期の世界市場攻略に乗り出す。

サムスン電子は21日、オンラインで長方形と正方形がそれぞれ90度折り畳まれている絵柄を盛り込んだ「サムスンギャラクシーアンパック2021」の招待状(写真)を公開した。

招待状に添えられたフレーズ「広げる準備を」は、今回のアンパックイベントの中心的な製品がフォルダーブルフォンだという点を示唆している。暗い緑と黒に塗られた長方形の本のように左右方向に折り畳んで「ギャラクシーZフォールド3」のカラーを、紫とアイボリーを盛り込んだ正方形は貝のように上下方向に折り畳んで「ギャラクシーZフリップ3」のカラーを予告したという分析が出てくる。

サムスン電子は今年下半期にギャラクシーノートをリリースしない代わりに、フォルダブルフォン2種をリリースする。ギャラクシーZフォールド3はフォルダブルフォンで初めて「Sペン」機能を搭載した製品になると予想される。前作に比べて価格も大幅に下げる計画だ。ギャラクシーZフォールド3は190万ウォン台に、ギャラクシーZフリップ3は120万ウォン台になると見られる。
  • 毎日経済 | イ・スンユン記者
  • 入力 2021-07-22 08:06:06