現代自、水素トラック「Xcient」…米カリフォルニアに進出


  • 写真提供=現代自動車


現代自動車の親環境水素電気大型トラックはヨーロッパを越えて、北米市場に本格的に進出する。

現代自動車は27日、米国カリフォルニア州大気資源局(CARB)とエネルギー委員会が主管する「カリフォルニア港湾親環境トラック導入プロジェクト」の最終サプライヤーの一社に選定されたと明らかにした。

現代自動車は今回のプロジェクトの入札で、米国の非営利団体CTEと共に、水素の供給から車両の供給、車両の貸与と資金調達、法人販売・運営そして事後管理までを網羅するバリューチェーンの構築を目指し、複数のパートナー社とコンソーシアムを構成した。これを基盤に、2023年の第2四半期から計30台のエクシエント水素電気トラック「XCIENT Fuel Cell」を供給できる資格を得た。

現代自動車は米国市場の需要を反映して、水素燃料タンクの圧力を700バール(bar)に高めて走行距離を約800キロメートルに大きく増やし、トレーラーを牽引できるトラクターモデルを適用したエクシエント水素電気トラックを供給する計画だ。この車両はこれまでカリフォルニア州のオークランド市とオークランド港を行き来しながら、汚染物質を排出していたトラックを置き換えることになる。

この過程で、北米での物流ネットワークとインフラを構築した現代グロービス(Hyundai Glovis)が法人販売と運営を、国際金融グループであるMacquarie Group(マッコーリーグループ)がレンタカーと資金調達をそれぞれ引き受けるた。現代自動車はこれらのパートナーと協力する方針だ。また現代自動車とCTEなどは、カリフォルニア州大気資源局とエネルギー委員会などを通じて総2900万ドル(約330億ウォン)の支援金を確保して、最大で50台の水素電気トラックを連続充電できる大容量水素ステーションの構築などに活用する予定だ。

現代自動車のチャン・ジェフン社長は「エクシエント水素電気トラックの受注経験を土台に、環境に配慮した商用車の北米進出に拍車をかけたい」とし、「北米で水素バリューチェーンを構築し、水素燃料ベースのさまざまな商用車のラインナップを導入するために努力するつもり」だと明らかにした。現代自動車はエクシエント水素電気トラックの現地運行に先立ち、1年間の義務実証事業を進め、水素分野でリーダー企業のイメージをいっそう強化し、その後さらに5年間を別途の商業運行を推進する計画だ。
  • 毎日経済 | パク・ユング記者
  • 入力 2021-07-27 17:37:36