大韓航空、貨物で危機突破…5四半期連続黒字を達成



大韓航空はコロナ19の勃発で国際旅客輸送が急減した経営危機を、貨物事業で「側面突破」している。

大韓航空は13日、この第2四半期の売上げは前年同期比で16%増の1兆9508億ウォンを記録したと発表した。同じ期間の営業利益も31%増えて1969億ウォンを記録した。コロナ19事態にもかかわらず、昨年の第2四半期から5四半期連続で営業黒字を達成した。

貨物事業に集中する戦略が通じて、旅客事業の不振を挽回しても残る実績を上げている。第2四半期の貨物事業のみで売上げ1兆5108億ウォンを記録した。これは四半期を基準にして過去最大の実績だ。大韓航空は「景気回復期待による企業の在庫拡充需要の増加と、海運供給の停滞による緊急物資の航空需要へのシフトの拡大によるものだ」と説明した。旅客機の運航回復の遅れで、旅客機の下部貨物室の供給拡大が不振だ。このことから需要に比べ供給の不足による運賃高も業績に助けとなった。

大韓航空は昨年にコロナ19の大流行が始まるやいなや、いち早く事業ポートフォリオを調整しながら危機が長期化する状況に備えた。昨年3月に仁川~ホーチミン路線をはじめとして、貨物専用旅客機を運航して1年5ヶ月ぶりに貨物専用旅客機の1万回運航を今月初めに達成した。

また中国と日本など世界65路線に貨物専用旅客機を飛ばしたし、世界各地に輸送した量は40万トンに達する。 1回の往復あたり40トンで、片道20トンずつ輸送したわけだ。昨年3月の時点で38回運航していた貨物専用旅客機は、現在は月に800回以上に達している。機内の座席上の手荷物入れと、旅客機の座席スペースに貨物を搭載できる安全装置「カーゴシートバック」、シートを外して貨物を搭載するCFL(Cargo Floor Loading)を利用したりした。貨物事業強化のためにA380のパイロットを対象に切り替え教育も実施した。

コロナ19ワクチンの接種率増加と変異ウイルスの拡散など複数の変数が発生しているが、大韓航空は下半期にも航空貨物市場の好調は続くと見ている。景気回復に備えて在庫の拡充に乗り出す企業の動きが続いており、情報技術(IT)と電子商取引の物量も増える見込みだからだ。大韓航空は「全世界のネットワークと貨物機・貨物専用旅客機など、利用可能な資源を最大限に活用して収益の最大化に乗り出す計画だ」と強調した。

今年の下半期にも需要不振の沼から抜け出すのは難しいと思われる航空旅客事業と関連し、大韓航空はコロナ19の推移を見守り、先制的な需要を確保するために動くという方針だ。大韓航空は「主要な就航国の入国制限政策、ワクチン接種の推移などを総合的に考慮して、弾力的に路線を運営する予定だ」と説明した。
  • 毎日経済 | イユソプ記者
  • 入力 2021-08-13 17:17:39