中国進出の韓国企業「三重苦」…売上・利益・シェアすべて低下


全国経済人連合会(FKI)が中国に投資した韓国法人の経営実績を分析した結果、2016年以降は売上高と利益率、そして市場シェアのすべてで下落する「三重苦」を経験していることが分かった。

6日、全経連が売上げ100大企業のうちで中国での売上げを開示した30社の大企業を分析した結果、これらの企業は昨年中国での売上げ117兆1000億ウォンを記録した。 2016年と比較して6.9%減少した。

中国での売上げを開示した30社の大企業にはサムスン電子、現代自動車、ポスコ、LG電子、現代モービス、GSカルテックスなどの国内屈指の輸出企業が含まれる。

このような売上げの減少は、中国に対する米国の貿易規制が最も大きな影響を及ぼした。急激な上昇を示した韓国産のメモリ半導体の中国輸出は、2018年をピークに減少傾向に転じた。全経連は、中ファーウェイ社をはじめとする中国企業でメモリ半導体の需要が減少したことが影響を及ぼしたと分析した。

昨年の韓国メモリ半導体分野の対中国輸出は、2018年に比べて29.1%も急減した。 30社企業の海外売上高のうちで中国が占める割合も、2016年の25.6%から昨年は22.1%に3.5%ポイント減少した。

国内企業の中国法人全体に視野を広げてみても事情は同じだ。韓国輸出入銀行の海外直接投資経営分析によると、韓国企業の中国法人全体の売上げは2016年の1870億ドル(約225兆ウォン)から2019年には1475億ドル(約171兆ウォン)に21.1%減少した。

一方、同じ期間の日本の中国法人全体の売上高は、2016年の47兆6000億円(約490兆ウォン)から2019年は47兆1000億円(約502兆ウォン)に1.1%減少するにとどまった。
  • 毎日経済 | ハン・ウラム記者
  • 入力 2021-09-06 19:07:10