ハンファQセル、次世代技術の研究に1兆5千億投資


ハンファソリューションQセル部門(ハンファQセル)は9日、国内の生産設備・研究など総額1兆5000億ウォンの投資を断行すると明らかにした。 2025年までに高出力製品の生産のためのラインの切り替えと、次世代技術であるペロブスカイト(perovskite)基盤のタンデムセルの研究に重点投資する。太陽光発電技術を世界的水準に引き上げて、将来の市場をリードするためという目的だ。

忠清北道の鎮川郡(ちんちょんぐん)と陰城郡(うむそんぐん)に位置するハンファQセルの韓国工場は、国内最大規模の太陽電池とモジュール工場で、年間4.5GW(ギガワット)の太陽電池とモジュールを生産する。今回の投資でハンファQセルの国内累積投資額は3兆ウォンに達し、2025年のセルとモジュールの生産能力は年間7.6ギガワットに拡大される。これは国内を基準にして、年間で1200万人が利用できる家庭用電気の量だ。

ハンファQセルは次世代太陽電池セルであるタンデムセルの研究にも投資を強化する。タンデムセルは従来のシリコン太陽電池セルの上に、次世代太陽電池の素材であるペロブスカイトを積む形だ。上部のペロブスカイトで短波長光を吸収し、下部のシリコン太陽電池セルで長波長の光を吸収し、既存のシリコン太陽電池セルに比べて効率が高い。

ハンファQセルのイ・グヨン代表は「今回の投資でハンファQセルの先導的な業界の地位を強化すると同時に、国内の太陽光産業の競争力を確保する」と語った。
  • 毎日経済 | イ・ユンジェ記者
  • 入力 2021-09-09 19:07:30