SK E&S、エネルギーソリューション市場に進出…米KCEを買収


SK E&Sはエネルギーを保存しておいて適材適所にサービスする「エネルギーソリューション」市場に進出するために、米のグリッドソリューション企業を買収する。エネルギー生産企業からソリューション企業への移行を夢見ているSK E&Sの、最初の大規模な投資だ。 SK E&Sはこれを土台に、2025年にはエネルギーソリューション部門で世界のトップティアに成長していく計画だ。

SK E&Sは9日、米国のグリッドソリューション企業KCE(Key Capture Energy)社の株式95%を買収し、経営権を確保したと明らかにした。 SK E&Sは経営権の買収をはじめ、新規プロジェクトの推進に6億ドル(約7000億ウォン)を投資することにした。今回の買収はSK E&Sがエネルギーソリューション企業に投資した金額のうちでは歴代最大の規模だ。 SK E&Sは去る1日、同社のビジョンである「ファイナンシャルストーリー」を公表する場で、エネルギーソリューションのグローバルリーダーとしての挑戦を宣言している。

2016年から米国内のグリッドソリューション事業を推進してきたKCEは現在、約3GW(ギガワット)のエネルギー貯蔵装置(ESS)プロジェクトのポートフォリオを構築した、米国のグリッド・ソリューションのリーダーだ。現在、ニューヨークとテキサス州を中心に事業を展開しており、今後は再生可能エネルギーの割合が拡大している米国北東部と中部地域やカリフォルニアなどに市場を拡大する計画だ。

グリッドソリューションは、再生可能エネルギーが持っている電力供給の変動と電力網の不安定性を補完するために、電気を保存する施設であるESSを効果的に活用する産業だ。人工知能(AI)とビッグデータなどの技術を活用し、電気を貯蔵して適材適所に効率的に分配する。電気使用の効率性を高めることで、温室効果ガスの削減とエネルギー転換にも寄与することができる。

SK E&Sは国内最大の民間発電会社であり、大規模な電力取引きの経験とSKグループが保有しているバッテリーとソフトウェア能力、KCEのグリッドソリューション事業の専門性を活用し、2025年までにKCEを米国内で1位に成長させる計画だ。

ユ・ジョンジュンSK E&S副会長は「世界的にカーボンニュートラルの実現が急務だが、エネルギー生産部門だけでこれを解決しようとすることは望ましくない」とし、「KCEのエネルギーソリューションサービスを通じて余剰電力を活用するなど、電力供給の効率を高め、消費者の効率的な電気使用を最大化したならば、温室効果ガスの削減にも大きく貢献することができる」と語った。
  • 毎日経済 | ウォン・ホソプ記者
  • 入力 2021-09-09 19:59:15