LGエンソル、中製錬企業の株式を取得

ニッケル2万トンを確保 

LG Energy Solution(LGエネルギーソリューション)はバッテリーの核心素材を確保するために、中国の製錬専門企業の株式を買い入れた。

LGエネルギーソリューションは去る17日、電気自動車用バッテリーの核心素材であるニッケルとコバルトなどを生産する中国の精錬企業Greatpower Nickel & Cobalt Materials(グレートパワーニッケルアンドコバルトマテリアルズ)の有償増資に約350億ウォンを投資して持分4.8%を買い入れた。

LGエネルギーソリューションは今回の株式買い入れと長期購入契約を通じて、2023年から6年のあいだ安定してニッケル2万トンの供給を受けることになった。これは高性能の電気自動車(一回充電で500キロメートル以上走行可能)の目安で約37万台に供給できる量だ。

LGエネルギーソリューションは「バッテリーの核心原料であるニッケルを安定的に追加確保して、原材料の競争力を強化した」とし、「これを土台にしてグローバルなバッテリー需要に先制的に対応できるようになった」と説明した。

中国の上海に拠点を置くグレートパワーニッケル・アンド・コバルトマテリアルズは2006年に設立された製錬専門企業で、2023年に電気自動車用バッテリーに使用される硫酸ニッケルの量産を目標に、中国現地に工場を建設している。
  • 毎日経済 | ウォン・ホソプ記者
  • 入力 2021-09-17 16:15:38