ロボット犬「スポット」キア自工場で試験運用


  • 写真提供=現代自動車グループ


現代自動車グループとロボットメーカーの米Boston Dynamics(ボストンダイナミクス)は、最初の製品として工場安全サービスロボットを出荷した。米ボストンダイナミクスはGoogle(グーグル)とソフトバンクを経て、現代自動車グループが今年買収した企業だ。

現代自動車グループは17日、ボストンダイナミクス買収後の初のプロジェクトとして、ロボット犬の「Spot(スポット)」を活用した工場安全サービスロボットを開発したと発表した。このロボットは最近、キア自動車のオートランド光明事業所に投入されて試験運用を開始した。

現代自動車グループはスポットに、部分的に新たな機器を装着した。現代自グループ内のロボティクスラボが独自に開発した、人工知能をベースにしたデータ処理装置だ。スポットは前後左右の自由歩行が可能で障害物も跳び越えるために、人間が立ち入るには危険なところでも任務の遂行が可能だ。特にスポットの頭の部分には熱画像カメラが装着されており、工場内の危険な作業エリアや死角の状況を正確に撮影することができる。

この情報を現代自動車グループのロボティクスラボが開発した装置が処理することにより、工場内での安全な作業を図る。この装置は3次元ライダー(LiDAR)センサーを基盤にして、工場内の出入口の開閉や部外者の不正侵入を検知することができる。

今回の装置はロボット犬の撮影した映像を土台に、作業場の人間の位置や高温かどうかをリアルタイムで検出した後、これを管制システムに通知する。特に人工知能ベースのナビゲーションを搭載しており、スポットが決まった経路に沿って自律走行できるように支援する役割も果たす。今回のサービスロボットは勤務者が退勤した夜明けの時間に決められた領域を移動・点検し、その後の夜明けのパトロール者が楽で安全に環境をチェックできるようにする。

現代自動車グループはキアオートランド光明事業所内の試験運営を始め、複数の情報を蓄積した後にロボットシステムをより高度化する方針だ。これによって自社の事業所だけでなく、他のさまざまな産業現場にもロボットを投入する計画だ。

また現代自動車グループはロボットとともに、都心航空交通(UAM)部門でも事業拡大に乗り出す。この日、現代自動車グループの共同会社である英国の航空システム開発会社Urban-Air Port(アーバンエアポート)は、世界65都市にUAMの離着陸のための都心空港を建設し、2028年から商用化すると明らかにした。

昨年8月に現代自動車グループと業務協約を結んだ同社は、今年1月末にUAM用の空港である「Air-One(エア・ワン)」の建設に着手すると明らかにした。都心空港は現代自動車グループが開発したUAMだけでなく、エアタクシーや物流・配送用ドローンなどの電気をベースにした航空手段がすべて離着陸できる形態で構築される。いったんアーバンエアポートは来年初め、イングランド中部の拠点都市バーミンガム近くのコベントリー地域にエア・ワンを初めて披露する。離着陸手段と空港のすべてが電気ベースで運営される場所が、世界初で誕生することになるわけだ。

ただしアーバンエアポートは、今後エア・ワンが建設される65都市は米国と欧州およびアジアなどと明らかにしただけで、具体的な都市名を公開しなかった。業界では米国の場合はロサンゼルス、英国はロンドンを含む大都市であり、現代自動車グループがパートナーであるだけに、韓国にもエア・ワンが建設されると見込んでいる。アーバンエアポートのリッキー・サンドゥ(Ricky Sandhu)会長は「複雑な都市間接続を向上させ、待機汚染を大幅に削減できる電気ベースの空港を、今後は世界200都市にまで建設するのが目標」だと強調した。

今回の事業では昨年1月、現代自動車グループUAM部門グローバル最高執行責任者に就任したパメラ・コン(Pamela Cohn)常務が主導的に参与している。
.
  • 毎日経済 | ソ・ジヌ記者
  • 入力 2021-09-17 20:32:31