LG電子、イスラエル企業を買収…電装事業に速度


  • LG電子とサイベラム


LG電子は次世代の有望事業とした自動車電装事業に、また「動力源」を新たに追加した。 「コネクテッドカー(情報通信技術と接続し、双方向のコミュニケーションが可能な車両)」の時代に中核として浮上した、自動車用サイバーセキュリティ市場の攻略のために関連企業を買収する。

LG電子は23日、自動車のサイバーセキュリティ企業であるイスラエルのCybellum(サイベラム)社の株式63.9%を確保する株式売買契約を締結したと発表した。 LG電子は今年末までに、一部の株式を追加で取得する予定だ。最終的な持ち株比率と投資額は、株式売買の手続きが終わる年末に確定される。サイベラム社の企業価値は1億4000万ドル(約1650億ウォン)と推定される。

LG電子はサイベラムと2000万ドル規模の新株投資契約も結んだ。この投資額は来年末から2023年上半期のあいだに株式に転換され、LG電子の持分率はさらに増える予定だ。

2016年に設立されたサイベラムは、イスラエルのテルアビブに本社を置いている。社員数は約50人だが、さまざまなソフトウェアプログラムを分析することができる「マルチプラットフォーム分析ツール」を独自に開発した。 LG電子の関係者は、「サイベラムは自動車用サイバーセキュリティ関連の脆弱性をチェックできる独自のソリューション能力を持っている」と説明した。

LG電子は自動車用サイバーセキュリティ分野での競争力を早期に確保して、インフォテイメントとテレマティクスなどの電装事業のセキュリティシステムを強化するためにサイベラムの買収を決定したと説明した。 LG電子によると、サイベラムは今後は独立して事業を運営し、完成車メーカーなど既存の顧客各社との協力関係を強固なものにする計画だ。
  • 毎日経済 | パク・チェヨン記者
  • 入力 2021-09-23 17:36:45