米政府、韓半導体企業に情報提供を要求…「軍需法」を動員


  • MBNニュース映像


米国政府はサムスン電子と台TSMC、米Intel(インテル)などの半導体企業に、45日以内に在庫・発注・販売情報を提出するように要求した。企業が自主的に半導体サプライチェーンのデータを提出しない場合、ジョー・バイデン政権は冷戦時代の軍事調達を目的に作られた「国防物資生産法(DPA)」を根拠に、国家安全保障レベルの企業別内部情報を強制的に収集するという警告まで出した。自動車用半導体の不足でゼネラル・モーターズ(GM)をはじめとする、自国の自動車企業の生産に支障が続くやいなや、特段の対策を予告したものだ。

23日(現地時間)のホワイトハウスによると、ブライアン・ディーズ国家経済委員会(NEC)委員長とジーナ・ラモンド商務長官はこの日、半導体と自動車業界の関係者を映像で招集して半導体供給網対策会議を開いた。

サムスン電子をはじめ台TSMC、米インテル、米アップル、米グローバルファウンドリー、米マイクロン、米マイクロソフト(MS)、米GM、米フォード、仏ステランティス、独ダイムラー、独BMWなどがいっせいに参加した。半導体対策会議はバイデン政権発足以来、昨年4月と5月に続いて今回が3回目だ。サムスン電子はファウンドリー事業部のチェ・シヨン部長(社長)がオンラインで参加した。

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、「半導体不足はバイデン大統領就任以来、最も重要な問題だ」と述べた。しかし公式の説明とは異なり、実際の圧迫強度は異例のレベルだったことが分かった。米ブルームバーグと英ロイター通信などによると、米国商務省は参加企業に在庫販売などの詳細情報を盛り込んだアンケートの答弁書を45日以内に提出するように要請した。

※関連記事「半導体供給網を握ろうとする米国…バイデン式米国優先主義の始動か
  • 毎日経済 | ワシントン=カン・ゲマン特派員/ソウル=イ・ジョンヒョク記者
  • 入力 2021-09-24 17:58:41