LS電線、台湾海底ケーブル事業を6件受注…8千億独占


  • 海底ケーブルを船積みするようす[写真提供=LS電線]


LS電線は大規模な洋上風力団地を開発中の、台湾海底ケーブルの供給をほぼ独占している。 LS電線は6日、洋上風力建設会社である台湾CDWE(CSBC-DEME Wind Engineering)から2000億ウォン規模の海底ケーブル事業の優先交渉対象者に選定されたと明らかにした。 LS電線は2025年までに、台湾ハイルン洋上風力団地に海底ケーブルを供給することになる見通しだ。

特にLS電線は今回の受注を含め、台湾の洋上風力団地の造成と関連して発注された、超高圧海底ケーブル事業6件をすべて獲得した。受注金額は計8000億ウォンに達する。

台湾は再生可能エネルギーの拡大政策の次元で、2035年までに総15GW(ギガワット)の洋上風力発電所の開発を進めている。原子力発電1基が約1ギガワットの電力を生成することを考慮すれば、大規模な開発事業だ。その中でも台湾の西海岸から約50キロメートル離れた海域に造成されるハイルン洋上風力団地は、台湾内の最大規模の団地うちの一つだ。カナダのNorthland Power(ノースランドパワー)とシンガポールのYushan Energy(ウィサンエネルギー)などが共同で開発し、CDWEは海底ケーブルなどの主要材料と設備を供給・施工する。

LS電線は台湾海底ケーブルの追加入札の規模が1兆ウォンを超えるものとにらんでおり、受注に集中することで超高圧海底ケーブルを独占する動きを続けていく方針だ。台湾で積み重ねたビジネス経験を土台に、洋上風力発電市場が成長している北米や東南アジアにも進出できるものと期待している。ミョン・ノヒョンLS電線代表は、「欧州と北米や台湾などの海外洋上風力事業者と培った密接な協力関係を基盤に、国内外の新再生可能エネルギー事業をリードする」と語った。

LS電線は韓国で唯一、海底ケーブルの生産工場(江原道東海)を保有している電線企業だ。また国内最大規模の8000トン級の布設船も保有している。
  • 毎日経済 | イ・ユソプ記者
  • 入力 2021-10-06 17:52:19