ポスコケミカル、欧Morrow社とバッテリー開発で業務協約

欧州のEVカー市場を攻略 

ポスコケミカルはノルウェーのバッテリー企業と手を組んで、欧州電気自動車市場の攻略に乗り出す。

25日、ポスコケミカルはノルウェーのMorrow Batteries(モローバッテリー)と去る21日、映像によってバッテリー素材の開発と供給のための業務協約を締結した。これによってポスコケミカルはモローが2024年から量産するバッテリーに、陽極・陰極材を開発して供給することにした。モローはノルウェーのアレナル地区に高性能電気自動車70万台に供給できる、年産42GWh(ギガワット時)規模の大型バッテリー工場を建設している。

ポスコケミカルは今年の初めからモローに試作品を供給して緊密に協力してきており、今回の業務協約の締結を土台にポスコケミカルの素材を活用して、モローのバッテリーセルの量産を準備する製品共同開発に速度を出す計画だ。モローも安定した量産能力とリチウム・ニッケル・グラファイトなどの原料を確保したポスコケミカルをパートナーにして、ビジネスの競争力をさらに高めるものと期待している。

ポスコケミカルエネルギー素材事業部のチョン・デホン部長は、「モローの革新的なバッテリー製造技術とポスコケミカルの先導的な素材技術を結合し、欧州電気自動車市場をリードしていく」とし、「緊密な協力のもと、最高の技術ソリューションを顧客に提供する」と明らかにした。
  • 毎日経済 | パク・ユング記者
  • 入力 2021-10-25 17:24:33