トップ > 数字経済 > 企業 > 韓コンビニのCU、マレーシアで嵐の成長…ひと月で15店舗オープン

韓コンビニのCU、マレーシアで嵐の成長…ひと月で15店舗オープン


  • 韓コンビニのCU、マレーシアで嵐の成長…ひと月で15店舗オープン

CUはマレーシアで1ヶ月ぶりに店舗数を4倍に増やし、拡大を続けている。

コンビニエンスストアCUを運営するBGFリテールは1日、マレーシアのパートナー社であるマイニュースホールディングス(Mynews Holding)と共に先月31日、マレーシアのクアラルンプールに20号店めの「CUテン・キアラ店」をオープンしたと明らかにした。

BGFリテールは今年4月、業界初でマレーシアに1号店をオープンした。今回のマレーシアCU20号店達成は、わずか10月ひと月のあいだに15店舗を連続してオープンした成果だ。特にこれら15店舗のうち6店舗は、マイニュースホールディングスがこれまで運営中だったローカルコンビニブランド「マイニュースドットコム」の中核店舗をCUに転換した事例だ。

マレーシアのCU1号店「CUセンター・ポイント店」はオープンするやいなや、韓国コンビニの店舗あたり平均客数の3倍を超える顧客1000人あまりが来店してホットな関心を受けた。特にトッポッキやキムバプなどの即席調理・簡便飲食と、自社ブランド(PB)商品が店舗売上の約75%を占めるほど人気を集めている。イム・ヒョングンBGFリテール海外事業室長は、「2021年の目標だった40号店のオープンに向けて巡航している」と語った。
  • 毎日経済 | カン・ミンホ記者
  • 入力 2021-11-01 19:40:02