ポスコ「無方向性電磁鋼板」の増産に1兆投資

工場新設と新製品開発 

15日、ポスコは去る5日に開かれた定期理事会で、来年から1兆ウォンを順次投資して年産30万トン規模で駆動モータ用に使用される無方向性電磁鋼板の生産工場を新設することに議決したと明らかにした。

駆動モータ用無方向性電磁鋼板は、電気自動車などのエコカーに使用される「心臓」である駆動モーターの効率を高め、走行距離を増やせるように電力損失を大幅に改善した製品だ。ポスコは今回の設備投資を通じて、無方向性電磁鋼板の生産規模を現在の10万トンから2025年までに40万トンに拡大する計画だ。

工場の新設で全体の生産規模を増やすだけでなく、製品を多様化する効果も得られる。現在、ポスコが生産中の無方向性電磁鋼板に比べて幅の広い製品はもちろん、厚さ0.3ミリ以下の高効率製品と、さまざまなコーティング特性を持つ製品の生産も行われている。これを土台に、自動車部品企業などの多様な需要に対応できるようになる。

ポスコの関係者は「親環境(環境に優しい)自動車素材の生産を通じて、社会的温室効果ガスも年間84万トン規模が削減されると見込まれる」と語った。ポスコは、既存の内燃機関から親環境電気自動車などに自動車産業の流れが急速に変化しているため、今後は親環境自動車素材の開発に積極的に乗り出すという腹案だ。
  • 毎日経済 | ハン・ウラム記者
  • 入力 2021-11-15 19:48:15