現代自グループ、燃料電池事業部を技術開発と事業部門に二元化


現代自動車グループは水素燃料電池事業拡大のために、既存の組織を拡大・改編した。

現代自動車グループは去る19日、既存の燃料電池事業部を技術開発と事業部門に二元化し、既存の研究開発本部副本部長のパク・チョングク社長に水素燃料電池担当社長を任せることにしたと明らかにした。

パク・チョングク社長は昨年、現代モービスの社長から研究開発本部副本部長に異動し、今回は水素事業の総括責任者として電撃投入された。既存の燃料電池事業部を担当していたキム・セフン副社長は技術開発側だけを引き受け、水素燃料電池開発センター長を発令された。このセンターは水素燃料電池の技術開発とコスト削減および電池性能の確保に注力する。

水素燃料電池事業部は事業戦略と運営に加え、革新的生産技術の開発と品質確保システムを強化する計画だ。この部門はイム・テウォン専務が務める。イム専務は韓国工学韓林院の正会員で、材料・燃料電池分野の専門家だ。同氏は既存の燃料電池事業部に在職当時、現代自製「ツーソン(Tucson)」水素車の開発を導いた。またエネルギー貯蔵装置(ESS)事業を含め、現代自動車グループの水素・エネルギー事業にも携わった。イム専務は現在担当している京畿道義王市の現代自動車中央研究所長と、燃料電池事業部長職位を同時に遂行することになる。

現代自動車グループ側は「水素燃料電池の研究成果を中間点検する過程で発見した技術的問題などの課題を迅速に克服し、研究開発日程と方向性を再確立するために今回の組織改編と人事を断行した」とした。
  • 毎日経済 | ソ・ジヌ記者
  • 入力 2021-11-19 17:45:38