ハンファ、米ランシウム社に1200億投資…電力管理ノウハウを活用


ハンファソリューションはデータセンターの電力管理を専門とする米国のスタートアップLancium Technologies(ランシウム・テクノロジー)の株式買い入れに乗り出す。

ハンファソリューションは24日、米国テキサス州ヒューストンに所在するランシウム・テクノロジーに1億ドル(約1200億ウォン)を投資する契約を締結したと明らかにした。今回の投資でハンファソリューションはランシウム・テクノロジーの理事会で議席を確保し、今後の経営にも参加する予定だ。

ランシウム・テクノロジーは2017年にベンチャー投資家であるマイケル・マクナマラ氏が設立した電力管理専門企業だ。テキサス州北西のアビリーン市にデータセンターを構築した後、再生エネルギーで生産した電力を最適価格で提供する予定だ。クラウドサービスとフィンテックや仮想通貨採掘など、消費電力の多い高性能コンピューティング機器を運営する情報技術(IT)企業が顧客に選ばれる。このために最近、ハンファソリューションなどから総1億5000万ドルの資金を誘致した。

ランシウム・テクノロジーはテキサス地域の再生エネルギー発電事業者から安価な電力を確保する一方で、自社開発した電力管理ソフトウェア「ランシウムスマートレスポンス」を活用して、安定的に電力を供給する計画だ。このためにテキサス全域に総951万平方メートル規模の土地を買い入れて、来年末からデータセンターの運営に入る。

ハンファソリューションはランシウム・テクノロジーの電力管理ノウハウを活用して、親環境エネルギー事業の多角化に乗り出す。ランシウム株の買い入れを契機に、ITを基盤とする「未来型エネルギー事業者」への転換も加速化する計画だ。ハンファソリューションは昨年、米国のソフトウェア専門企業であるGrowing Energy Labs(グローウィングエネルギーラボ)を買収し、ビッグデータと人工知能(AI)基盤のエネルギー管理ソフトウェア開発能力を確保した。

ハンファソリューションのイ・グヨン代表取締役は、「再生エネルギー市場が拡大すればするほど、効果的な電力管理のためのソフトウェア開発能力の強化は必須」だとし、「太陽光発電分野で10年以上を積み重ねた再生エネルギー事業の能力を活かし、親環境データセンター電力供給事業を拡大するつもり」だと明らかにした。
  • 毎日経済 | パク・ユング記者
  • 入力 2021-11-24 17:30:44