トップ > 数字経済 > 韓、輸入ビール「地殻変動」…日本産を負かしたのは?

韓、輸入ビール「地殻変動」…日本産を負かしたのは?


  • 韓、輸入ビール「地殻変動」…日本産を負かしたのは?

不買運動の直撃弾を食らった日本産ビールの代わりに、国内に主に輸入されたビールはオランダと中国、そしてベルギー産などであることが分かった。

24日の関税庁と酒類業界によると、昨年の原産地別の輸入ビール1位はオランダで4343万2千ドルに達した。オランダから輸入されるのはハイネケンビールだ。

続いて中国(3674万9千ドル)、ベルギー(2762万2千ドル)、ポーランド(2010万6千ドル)、米国(1845万3千ドル)、アイルランド(1642万8千ドル)、ドイツ(1560万1千ドル) (793万6千ドル)などの順だった。日本はチェコに次いで9位だった。

わずか数年前の2018年はアサヒとサッポロやキリンなど、日本産ビールは輸入額で1位を記録した。しかし日本政府が2019年8月に韓国に対する輸出規制措置を取った後、国内で日本ビールなどの日本製品に対する不買運動が起きて直撃弾を食らった。

昨年の日本産ビールの輸入額は687万5千ドルで、前年よりも21.3%増えた。日本産ビールの輸入額は小幅で増加したが、2018年と比較すると依然として91.2%減少した数値だ。 3年前の輸入額の9%にも満たない。

日本産ビールの輸入額は2018年に7830万ドルで頂点を記録し、2019年には3975万6千ドルに急減したのに続き、2020年には566万8千ドルに落ち込んだ。日本産ビールの墜落で、ビール全体の輸入額は大幅に減った状態だ。

昨年のビール輸入額は2億2310万ドルで、前年よりも1.7%減った。これは2016年(1億8155万6千ドル)以後の5年ぶりで最低だ。ビール全体の輸入額も日本産ビールが最も多く入ってきた2018年の3億968万3千ドルで頂点を記録したが、昨年まで3年連続で減少傾向を見せた。
  • 毎日経済 | パン・ヨンドク記者
  • 入力 2022-01-24 14:23:13