トップ > 数字経済 > 経済 > 韓国製K-9自走砲、エジプトに輸出…2兆ウォン台規模で

韓国製K-9自走砲、エジプトに輸出…2兆ウォン台規模で


  • 韓国製K-9自走砲、エジプトに輸出…2兆ウォン台規模で
  • 写真提供=ハンファディフェンス


国産のK-9自走砲の2兆ウォン台エジプト輸出が実現したと、防衛事業庁が1日に明らかにした。防衛事業庁によると、契約規模は先月に豪州と締結したK-9自走砲の輸出金額の約2倍の水準である2兆ウォン以上だ。これはK-9自走砲の輸出のなかでは歴代で最大の規模だ。韓国軍が2000年に実戦配備して運用中のK-9自走砲は射程距離が40キロメートルに達し、1分当たり6発を撃つことができる。最大走行速度は時速67㎞を超える。

今回の契約はアフリカ・中東地域に初めてK-9自走砲を輸出するという点で意味がある。エジプトの戦力強化にともない、周辺国も電力上のバランスをとるために武器体系を新たに導入すると予想されるからだ。

ただし国内の防産業業界は、今回のK-9自走砲のエジプト輸出契約をめぐっては内実が不足すると評価する。ある業界関係者は「輸出代金をエジプト政府ではなく韓国輸出入銀行から受け取るうえに、武器体系の輸出はマージンが大きくない」と語る。

今回の輸出は先月19~21日(現地時間)にエジプトを公式訪問した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の歴訪期間で最終契約が予想されたが不発となる、紆余曲折の末に成就した。

当時、文大統領は姜恩湖(カン・ウノ)防衛事業庁長に「無理に乗り出すのではなく、手堅く交渉に取り組むように」と歴訪に執着しないように指示を下し、両国が見解の相違を見せて最終契約に至らなかった。文大統領の帰国後もハンファディフェンスと政府交渉団は現地に残って追加交渉を続け、最近になってカン庁長がエジプトを訪ねて最終契約を終えたことが分かった。

文大統領はこの日、K-9自走砲最終契約を報告されて「わが国の武器体系の優秀性を認められるきっかけになった」と評価した。
  • 毎日経済 | ムン・グァンミン記者/キム・ソンフン記者
  • 入力 2022-02-02 19:51:17