トップ > 数字経済 > 企業 > ポスコ、豪州で低炭素鋼原料を生産か

ポスコ、豪州で低炭素鋼原料を生産か

豪ハンコック社と協議 

ポスコグループの鉄鋼事業会社ポスコは29日、豪州の資源開発企業Hancock(ハンコック)と低炭素還元鉄(HBI)生産プロジェクトに対する事業妥当性調査のための「主要条件合意書」を締結したと明らかにした。

低炭素還元鉄は鉄鉱石から酸素を除去する還元工程を経た還元鉄を豆炭状に加工した鉄だ。低炭素還元鉄を生産した後、これを電気炉で溶かして不純物を除去すると、私たちが知る鉄鋼になる。両社は低炭素還元鉄の工場を新設する一方で、豪州内の鉄鉱石鉱山の開発と水素生産のためのパイロット設備の投資分野で妥当性検討を行い、投資経済性とリスク性を分析した後に実際の事業を推進する予定だ。

低炭素還元鉄生産のための最も有力な方策は、水素還元製鉄工法だ。水素を還元剤として活用し、鉄鉱石に付着している酸化物を除去すると、還元過程で水だけが発生し、炭素発生が最小化される。現在、鉄鋼生産は有煙炭を材料とするコークスを還元剤として活用するため、生産過程で二酸化炭素が排出される。

両社はハンコックが保有する豪州の鉱山の共同開発を通じて鉄鉱石を確保し、確保された鉄鉱石を低炭素HBI製造工場で使用して、二酸化炭素の排出を最大限減らすことで協業する。水素還元製鉄の工法適用を念頭に置いて、両社は豪州で豊富な新再生エネルギーを活用し、水素の直接生産にも乗り出す計画だ。

ポスコは低炭素還元鉄の生産をはじめとし、2050年の炭素中立達成のための多様な方案を続けて考慮中だ。
  • 毎日経済 | ハン・ウラム記者
  • 入力 2022-03-29 17:08:32