トップ > 数字経済 > 経済 > 米国金利のビッグステップによりウォンが1276ウォンに急落

米国金利のビッグステップによりウォンが1276ウォンに急落


◆ビッグステップ後の影響◆

  • 米国金利のビッグステップによりウォンが1276ウォンに急落
  • 米国連邦準備制度が基準金利を大幅に引き上げた影響で、6日、1ドル=6.4ウォン安の1272.7ウォンで取引を終えた。この日、ソウルのハナ銀行で、ある職員が通り過ぎている。[イ・チュンウ記者]



米国の速い金利引き上げの衝撃が外国為替市場に大きな影響を与えた。米国のビッグステップ(一度に0.5%ポイント金利引き上げ)で韓米間の金利逆転の可能性が高まり外国人が国内投資から手を引こうとする雰囲気が感知されている。

1月初めから今月6日まで外国人投資家がコスピ・コスダック市場で売った金額だけで約14兆3400億ウォンに達する。外国資本の離脱はウォン安ドル高と国内物価上昇につながり経済に与える衝撃がますます大きくなるという懸念も提起されている。特に専門家たちは1ドル=1300ウォンが崩れれば資本流出がさらに激しくなる恐れがあると警告した。

6日、ソウル外国為替仲介によると同日のウォン相場は前営業日終値(1266.3ウォン)比6.4ウォン安の1272.7ウォンで取引を終え2年2か月ぶりの最安値を記録した。この日の外国為替市場は3~4日(現地時間)に開かれた米国連邦準備制度(FED)の連邦公開市場委員会(FOMC)の結果と前日ニューヨーク証券市場に注目した。

連邦準備制度理事会がビッグステップを数回進めるという見通しが広がり国内外国為替市場でウォン相場は一時1276ウォンまで下がった。グローバル市場で6つの主要通貨に対するドル価値を反映するドルインデックスは、前場より0.12%上昇した103.65まで急騰した。

コスピは1.23%下落した2644.51で取引を終えた。サムスン電子(-2.06%)、SKハイニックス(-1.83%)、ネイバー(-3.55%)、現代自動車(-0.82%)など時価総額上位の銘柄の大半が下落した。特に、外国人投資家たちは国内証券市場で5300億ウォン分の株式を売り、指数下落を牽引した。今年に入って外国人投資家たちが国内証券市場で資金を引き続けている主な原因の一つはウォン安の見通しだ。

専門家たちは、このような資本流出がウォン安と共にさらに激しくなる可能性があると見通した。ハナ銀行のソ・ジョンフン先任研究委員は「ドルあたりウォンの価格が1300ウォン以下に下がる場合、外国人投資家の為替差損に対する憂慮が大きくなり資金が急速に流出する恐れがある」として「投機性の金融勢力が加勢しウォンの下落をさらに煽る恐れがあり、外国為替当局もこの価格を死守することに注力するものと見られる」と分析した。

韓国の外貨準備高(4月末基準)は4493億ドルで前月より85億1000万ドル減少した。米国のドル高にともなう、その他の通貨外貨資産の米国ドルを換算した額が減少し外国為替市場の変動性緩和措置が実行された余波と解釈される。

一方、5日(現地時間)、ニューヨーク証券取引所(NYSE)でダウ平均株価は3.12%下落した。スタンダード&プアーズ(S&P)500指数とナスダック指数はそれぞれ3.56%、4.99%下落した。米国の10年国債利回りも上昇に転じ取引中3.10%を記録した。これは2018年以来の最高値だ。
  • 毎日経済 | アン・ビョンジュン記者/キム・ユシン記者/シン・ヘリム記者/チャ・チャンヒ記者]
  • 入力 2022-05-06 17:52:27