トップ > 数字経済 > 企業 > 韓国精油4社、過去最高の営業利益を記録 SKイノベーションが1位

韓国精油4社、過去最高の営業利益を記録 SKイノベーションが1位


韓国精油4社(SKイノベーション・エスオイル・GSカルテックス・現代オイルバンク)が一斉に四半期基準で過去最高規模の営業利益を上げた。

地政学的危機と供給網不安の中でむしろ石油需要が増加すると精油会社は精製設備の稼動率を最大限引き上げ利益を極大化したわけだ。

10日、製油業界によるとSKイノベーションは今年第1四半期に営業利益1兆6491億ウォンを記録し製油会社4社の中で最も多くの金を稼いだ。これは前年同期比182.2%増えたもので四半期別に見ると最高の営業利益に当たる。

他の製油会社も「過去最高の実績」を達成した。エスオイルの第1四半期の営業利益は1兆3320億ウォンで前年同期比111.7%増加した。現代オイルバンクも営業利益7045億ウォンと70.7%増えた。10日、業績を公示したGSカルテックスも同様に営業利益1兆812億ウォンを記録し四半期最高の業績を記録した。

ロシアのウクライナ侵攻による国際原油価格の上昇がかえって機会になったのだ。今年第1四半期のドバイ原油の平均価格は1バレル=96.2ドルで前年同期比60.3%上昇した。同期間、シンガポールの複合精製マージンは1バレル当たり平均1.8ドルから8ドルへと4倍以上跳ね上がった。精製マージンはガソリン・軽油など石油製品価格から生産・運送費などを除いた値で、業界では4~5ドルを損益分岐点と見ている。

韓国最大の精油会社であるSKイノベーションは先月第1四半期の業績発表で原油精製設備(CDU)の稼働率を95%以上に引き上げており第2四半期もこのような水準を維持すると明らかにした。新型コロナウイルス事態以前の2019年第1四半期以降、最も高い水準だ。

韓国の石油協会によると精油4社の中ではSKイノベーションが1日間、原油121万5000バレルを精製し生産規模が最も大きい。続いてGSカルテックス(80万バレル)、エスオイル(66万9000バレル)、現代オイルバンク(52万バレル) の順となる。
  • 毎日経済 | イ・ジュクボク記者
  • 入力 2022-05-10 17:25:08