トップ > 数字経済 > 経済 > ポスコグループ、産業用ロボット事業を未来のコアビジネスに

ポスコグループ、産業用ロボット事業を未来のコアビジネスに


ポスコグループが製鉄所、新素材、物流などグループ核心事業領域に産業用ロボットを拡大適用する。

19日、グループによるとポスコICTを主軸にポスコロボットソリューション研究センター、ポステック、ポスコホールディングス産学研協力担当などグループ内組織が「ロボット技術協議会」を構成し本格的なソリューション開発を始めた。ポスコICTはロボット技術とソリューション開発から現場適用のための設計・構築・運営などロボット自動化全般を担当する。

会社関係者は「現在、運営中のスマートファクトリーなど基盤システムとロボットが連係する融合システムを設けて、ロボットサービスを提供する計画」と伝えた。これと共にポスコロボットソリューション研究センターは製鉄所現場のロボット需要を発掘し、ポスコホールディングスは現在育成・投資中のベンチャー企業を技術協力核心パートナーに連結しシナジー効果を極大化するという構想だ。

ポスコICTのチョン・ドクギュン社長はこの日、ポスコICT板橋(パンギョ)スマートタワーで「ポスコグループロボット技術カンファレンス」を開き「ポスコグループはロボット技術協議会を中心にして、より安全な現場を具現することはもちろん知能化・無人化で生産性と品質水準を高めるだろう」と事業ビジョンを明らかにした。

ロボット産業は工場のような生産現場で危険作業を代替する産業用と医療・外食・宿泊などの部門で活用されるサービス用に区分される。

ポスコグループは産業用ロボット事業を未来の核心事業に設定し主力会社間の協力を通じて市場競争力を早期に確保する方針だ。

  • 毎日経済 | イ・ジェチョル記者
  • 入力 2022-05-19 17:44:37