トップ > 数字経済 > 企業 > サムスン・現代自が韓国の最高戦略資産、韓米サプライチェーン同盟が中心軸に

サムスン・現代自が韓国の最高戦略資産、韓米サプライチェーン同盟が中心軸に

◆韓米首脳会談後◆ 

ジョー・バイデン米大統領が3日間の訪韓日程を終え、財界では「今回の韓米首脳間会談で韓国企業が韓国の核心「戦略資産」だったことが証明された」という評価が出ている。米国が世界のサプライチェーン(価値連鎖)再編に乗り出す過程で世界最高の技術力を持つ韓国製造業が米国の源泉技術と結合すれば最も優れた成果を出せることを示す舞台だったということだ。韓国企業が米国と経済安保同盟関係を構築し米国内の現地販売が増える場合、究極的に米国現地工場の生産だけでなく国内工場の生産量まで増え停滞している韓国経済が新たな跳躍を迎えるものと見られる。

23日、経済団体は今回のバイデン大統領の訪韓について「安保同盟を越えて経済安保同盟に強化された」と自評した。大韓商工会議所のイ・ソンウ国際通商本部長は「韓米同盟が技術とサプライチェーン協力という経済安保同盟に拡張される契機が設けられた」として「これを通じて我が国の産業構造先端化の速度がより一層加速化し信頼あるバリューチェーンの構築で、より長期的で革新的な投資が可能になると期待される」と説明した。

全国経済人連合会(全経連)のキム・ボンマン国際本部長は「韓米間の安定的なグローバルサプライチェーンの強化と先端技術の協力増大などで両国間に大きなシナジー効果が期待される」として「炭素排出問題、原発など国際環境イシューにて両国間の協力の重要性に共感したという点で大きな進展があるだけに該当分野で協力し発展していくことも予想される」と論評した。

今回の韓米首脳会談では半導体をはじめバッテリー、電気自動車、クリーンエネルギー、デジタル、原発、防衛産業、核心鉱物など多様な産業分野で両国間の協力を約束した。

アジア諸国の中で初めての訪問地として韓国を選択したバイデン大統領が一番先に訪れたところがサムスン電子の平沢(ピョンテク)半導体工場だった。サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長がバイデン大統領の案内を担当した。訪韓最終日、バイデン大統領の日程の一つは米国に105億ドル規模の投資を約束した現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)会長との60分間続いた歓談と演説だった。

財界関係者は「過去に訪韓した米国大統領の現場訪問日程は軍事境界線、米軍基地など安全保障に関連する内容だった」として「バイデン大統領が国内製造業の現場と企業総帥との出会いを重要視したということは国内企業を安全保障と同じ延長線上に位置した戦略資産と考えたという傍証」と明らかにした。韓国の企業家が米国現地を訪問する場合、米国官僚も韓国企業家を歓待する気流が最近強くなったというのが経済界の共通した伝言だ。

バイデン大統領の次の訪問地である日本で現地企業との出会いがイシューにならないのとは相反する様相だ。全経連は「バイデン大統領が日本ではなく韓国を先に訪問したのは本格的な経済安保時代の始まりを知らせる信号弾」と評価した。

今回のバイデン大統領の訪韓を通じて強調されたのは韓米製造業の協業だ。バイデン大統領は20日、サムスン電子の平沢半導体工場で演説を通じて「この工場は両国の革新に対する緊密な結束を反映する。このチップを作るのに使われるさまざまな技術や装備は米国で設計・生産された。我々のスキルと技術的ノウハウを一つにまとめ、我々は重要なこのチップを生産することができる」と述べた。

原発も米国の源泉技術と韓国の原発企業間の協業が予定されている。30年以上、原発新規建設が中断された米国は技術は持っているが、これを実際に製作・施工する能力は喪失した状態だ。世界1位の原発建設能力を持つロシアがウクライナ侵攻以後、事実上国際経済界から退出されたことから、西側で最も優れた原子炉主要機器の製作・施工能力を備えた韓国企業は米国が望む最も理想的な事業パートナーだ。

全経連はこのようなグローバルサプライチェーンの変化に対応して民間レベルの改善課題を発掘し、これを建議するために経済安保TFチームの構成に乗り出した。またク・ジャヨル韓国貿易協会長は米国と経済安保同盟を支援するための民間使節団を構成し来月に米国を訪問して現地企業、経済団体などと経済協力方案を議論する予定だ。

韓国企業の対米投資の拡大は究極的に国内の関連産業の成長につながり、国内経済成長を促進する好循環が期待される。現代自動車が米国・アラバマに工場を建設した直前年度の2004年比で2021年の現代自動車・キア自動車の米国現地販売は68万8670台から148万9118台へと2倍以上増加した。米国で販売台数が拡大し現代自動車・キア自動車が国内で生産して米国に輸出した金額も2004年の約92億ドルから昨年は約140億ドルへと52%も増えた。現代自動車グループの関係者は「米国内の電気自動車生産は現地の肯定的な世論を形成し顧客のニーズを迅速に反映してブランドに対する信頼度向上はもちろん、販売増加を促進するものと見られる」とし「これは究極的に現地工場と共に米国製品の供給を担当する国内工場の対米電気自動車輸出を増大させるだろう」と期待した。
  • 毎日経済 | ハン・ウラム記者/ウォン・ホソプ記者
  • 入力 2022-05-23 17:56:26