トップ > 数字経済 > 経済 > 韓国証券市場、時価総額が1日で約90兆ウォン蒸発

韓国証券市場、時価総額が1日で約90兆ウォン蒸発


◆大きくなるS恐怖◆

米国の物価上昇率が41年ぶりに最高値を記録した余波で米国連邦準備制度(Fed)の緊縮基調を強化する憂慮が提起され、コスピが今年に入って最も低い水準まで下がるなど韓国の証券市場に不安感が広がっている。

13日、コスピが2500台まで垂直落下しサムスン電子など147銘柄が52週間の最低値を記録した。サムスン電子は前取引日より2.66%下落した6万2100ウォンで取引を終え、ナスダック急落の余波で成長株であるネイバーとカカオもそれぞれ5.93%、4.49%急落し最低値を更新した。コスダックでもエンケムなど297銘柄が最低値を記録した。コスピは上昇銘柄42銘柄、下落銘柄881銘柄で、全体銘柄の95%が下落した。この日蒸発した時価総額はコスピ71兆95億ウォン、コスダック17兆7161億ウォンなど88兆7256億ウォンに達する。

2500ポイント台の崩壊直前まで追い込まれたコスピは2504.51ポイントで取引を終え、年初来安値を更新した。既存の最低値は5月12日に記録した2546.80だった。取引中、2510台を下回ったのは2020年11月16日(2507.46)以来初めてのことだ。

時価総額上位銘柄の中ではLGエネルギーソリューション(-2.35%)、SKハイニックス(-4.35%)、サムスンバイオロジクス(-3.08%)などの下落幅が大きかった。現代自動車とキア自動車はインフレに貨物連帯のストライキ負担まで加重され、一部の生産ラインに支障が発生し、それぞれ5.15%、3.88%下がった。コスピの全業種が下落した中、医療精密(-6.85%)、銀行(-6.30%)、建設業(-5.18%)業種の下げ幅が大きかった。

一方、インフレの恩恵を受ける飼料株と景気防御株の飲食料業種は急騰傾向を示した。セムピョ(29.98%)、シンソンホールディングス(29.98%)、ハンイル飼料(27.43%)などが上昇率の高い銘柄だった。

物価衝撃に16日(韓国時間)に予定されている6月の連邦公開市場委員会(FOMC)で、連邦準備制度理事会がビッグステップ(基準金利0.50%引き上げ)ではなく、ジャイアントステップ(基準金利0.75%引き上げ)を踏むだろうという見通しとともに、7月にジャイアントステップ、9月にもビッグステップの可能性が高まっている。大信証券のイ・ギョンミン投資戦略チーム長は「糸束を解くことができるか確認する最初の関門は6月のFOMC会議」として「現在の市場は6月のFOMCでは0.50%ポイント金利引き上げをするだろうが、7月にはジャイアントステップの可能性が高く、もしかしたら1.0%ポイント金利引き上げも可能だと反映中」と説明した。

ただ、物価のピークアウト(頂点通過)が遅れるだろうという点を考慮しても、7月に1.0%ポイントの金利引き上げ、年内に3.5%以上の金利引き上げの懸念はやや過度だという指摘が出ている。イチーム長は「6月のFOMCで公開される点図表の水準がカギ」とし「3%を下回るならば通貨政策の側面で安堵感を与えることができるだろう」と話した。

証券街では、FOMC以前までコスピが2500以下まで下落する可能性があり下半期まで反騰速度も遅くなるだろうという見通しが出ている。国内主要証券会社も下半期の指数下段で2400台を考慮し、下半期の証券市場の展望に対して保守的な見解を送っている。 インフレピークアウトの期待が色あせた状況で、連準の景気軟着陸に対する自信も市場の信頼を得ることが難しいという分析だ。 下半期の指数下段で2500台以下を展望した証券会社は△韓国投資証券(2460)△新韓金融投資(2400)△IBK投資証券(2400)△メリッツ証券(2450)△キウム証券(2480)△NH投資証券(2400)などだ。

新韓金融投資のノ・ドンギル研究員は「インフレーション鈍化を当分期待しにくい状況」とし、「6月のFOMCで連邦準備制度理事会がタカ派的スタンスを取るだろうし、9月にも金利引き上げ速度緩和を確認できなければ投資家たちは年末まで景気ハードランディング憂慮を戦略と価格に反映するだろう」と説明した。続けて「沈滞憂慮を株式価格に反映しようとする投資家が多いほどコスピ株価純資産比率(PBR)が1倍を下回る可能性を開いておかなければならない」と明らかにした。

株式全般の収益率が当分苦戦する恐れがあるという警告が出ている中で、企業の実績展望は依然として堅調なだけに、2600台以下で売り越しは容易ではないという助言も伴う。韓国投資証券のキム・デジュン研究員は「当分、市場で使えるカードがあまりない」として「あえて探すためには原油価格と金利上昇に影響を少なく受ける精油と銀行程度」と話した。続いて「業況改善の可能性が高い二次電池、素材・部品・装備・防衛産業などが避難所になると判断する」と明らかにした。

キウム証券のハン・ジヨン研究員は「今週、6月のFOMCに対する警戒心理で一時的な投げ売り現象が発生する恐れがある」として「ただしバリュエーション(実績対比株価水準)と良好な利益展望を考慮する時、様子を見て対応することが適切だ」と伝えた。
  • 毎日経済 | キム・グム記者/カン・ミヌ記者
  • 入力 2022-06-13 17:51:44